メインメニューを開く

小川理子

日本のジャズピアニスト、 (1962-)

小川 理子(おがわ みちこ、1962年 - )は、パナソニック役員ジャズピアニスト大阪府出身。

小川 理子
生誕 1962年????
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市西区
学歴 慶應義塾大学卒業
ジャンル ジャズ
担当楽器 ピアノ
活動期間 1993年 - 現在
レーベル ビクターエンタテインメント(2006年)
公式サイト http://www.riko-ogawa.net/

目次

概要編集

パナソニック執行役員、アプライアンス社副社長、技術担当(兼)技術本部長、テクニクス事業推進室長、テクニクスブランド事業担当。

大阪市西区立売堀に生まれ育つ。大阪市立愛日小学校大阪市立船場中学校大阪府立大手前高等学校慶應義塾大学 理工学部 生体電子工学科卒業。1986年、パナソニック(当時の社名は松下電器産業)に入社し、音響研究所に配属される。音響心理、音響生理を基盤とした音響機器研究開発に15年間従事。2014年5月にオーディオ事業部門に異動し、高級オーディオブランドのテクニクス復活を総指揮。

音楽経験については、3歳でクラシックピアノを始め、相愛学園「子供の音楽教室」にて音楽基礎教育を学ぶ。大学時代にバンドを組んで、ジャズを始める。大学卒業後、しばらくは勤務が忙しくピアノから離れたが、1993年、入社以来、7年間かかわった音響機器開発プロジェクトがバブル崩壊の影響で解散し、意気消沈したところに、上司の木村陽一に音楽をやろうと誘われ、木村陽一トリオを結成。ハーレムストライドピアノスタイルを中心としたクラシックジャズの演奏活動を開始。平日は会社員、週末はジャズピアニストという生活を続けている。 レコーディングについては、国内自主制作にて9枚、海外制作にて1枚のCDをリリースしたのち、2006年ビクターエンタテインメントからメジャーデビューを果たした。

仕事面では、開発を担当した小型高性能AV空間「パナカプセル」は、大型旅客船に納入された。ラッパ型のスピーカーバックロードホーン型スピーカー Technics SST-1 サウンドスペースツインロードホーンスピーカー)は、ニューヨーク近代美術館の永久展示品に選定され、薄型の壁面型スピーカー(Technics SB-AFP1000試作機 厚さ5cm、1m角)はウィーン国立歌劇場リハーサルルームに納入され、オペラ歌手カラオケとして使用された。 カーオーディオ、音場制御、DVD-Audioの国際規格標準化、音楽配信用圧縮音声ファイルフォーマットの音質評価などの研究開発を経験。

2014年パナソニックがテクニクスブランドの再スタートを発表した際にはパナソニックの「アプライアンス社オーディオ成長戦略」と紹介された。

弘兼憲史は、課長島耕作シリーズのスピンオフ作品「会長島耕作 特別編 部長 風花凛子の恋」の主人公のモデルが小川理子であることを明かした。[1]

2018年11月23日パリで開かれた2025年国際博覧会(万博)の大阪誘致を訴える日本政府の最終プレゼンテーションで、「サプライズ・プレゼンテーター」として登壇した。

経歴編集

  • 1962年 - 大阪市西区立売堀に生まれ育つ。
  • 1986年 - 慶應義塾大学理工学部 生体電子工学科卒業。パナソニック入社、音響研究所に配属。
  • 2001年 - 東京転勤でeネット事業本部に異動。
  • 2006年1月 - ジャズピアニストとしてメジャーデビュー。
  • 2008年4月 - 社会文化グループマネージャー。
  • 2014年5月 - ホームエンターテインメント事業部テクニクス事業推進室長、オーディオ成長戦略担当理事。
  • 2015年4月 - パナソニック役員、パナソニック・アプライアンス社常務、テクニクスブランド事業担当。
  • 2015年11月 - ホームエンターテインメント事業部長。
  • 2016年11月29日 - 「ブルガリ アウローラ アワード」受賞。
  • 2017年 - パナソニック役員兼アプライアンス社副社長。
  • 2018年1月 - 技術担当(兼)技術本部長。
  • 2018年6月 - 日本オーディオ協会会長に就任。
  • 2019年8月8日 - 「第6回女性技術者育成功労賞」受賞。

リリース作品編集

アルバム編集

  • スゥインギン・ストライドSWINGIN' STRIDE 2006年1月21日発売、VICJ-61343)
  1. FINGER BUSTER
  2. DROP ME OFF IN HARLEM
  3. VIPER'S DRUG
  4. COTTONTAIL
  5. 世界に一つだけの花
  6. HANDFUL OF KEYS
  7. MOON RIVER
  8. ECCENTRICITY
  9. HARLEM JOYS
  10. WHEN I'M SIXTY-FOUR
  11. AUNT HAGER'S BLUES
  12. I'M BEGINNING TO SEE THE LIGHT
  13. MY FATHER'S LOVE SONG
  • バルーションBalluchon 2018年10月11日発売、UA-1002、UHQCD
アルバムの前半は麻倉怜士がプロデュース、後半は潮晴男がプロデュースしている。
LP盤2019年4月25日に発売。

書籍編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集