メインメニューを開く

小川 芳樹(おがわ よしき、1902年3月29日 - 1959年3月27日)は、昭和期の冶金学者金属工学者東京府(現:東京都)出身。

来歴編集

1925年東京帝国大学工学部冶金学科卒業後、東北帝国大学工学部金属工学科の助教授となる。1934年に論文「亜鉛精錬の基礎的研究」によって工学博士を授与される。

1937年九州帝国大学1942年には東京帝国大学の工学部冶金学科教授を務めた。戦後は早稲田大学などでも教えたほか、日本の原子力の平和利用を推進し、1957年には東京大学工学部に原子力講座を開設するのに尽力した。また、日本金属会会長・原子燃料公社顧問・日本原子力委員会核燃料専門部会長などを務めたが、在任中に没した。

家族編集

小川琢治地質学者地理学者)と母小雪の長男で、弟に東洋史学者の貝塚茂樹(次男)、物理学者で日本人初のノーベル賞受賞者(物理学賞)の湯川秀樹(三男)、中国文学者小川環樹(四男)がいる。「小川兄弟」は著名な学者として知られた。なお、五男小川滋樹(ますき)は第二次世界大戦で戦病死している。