小川誠子

日本の囲碁棋士

小川 誠子(おがわ ともこ、1951年4月1日 - 2019年11月15日)は、日本囲碁棋士日本棋院所属。木谷實九段門下。夫は俳優の山本圭

 小川 誠子 七段 (追贈)
Ogawa Tomoko20190630.jpg
ワールド碁フェスティバルのトークショーにて(2019年6月)
名前 小川 誠子
生年月日 (1951-04-01) 1951年4月1日
没年月日 (2019-11-15) 2019年11月15日(68歳没)
出身地 福井県福井市
所属 日本棋院
師匠 木谷實
段位 七段 (追贈)
概要
テンプレートを表示

経歴編集

福井県福井市生まれ、愛知県名古屋市育ち[1]。6歳で碁を覚え、小学4年の頃から酒井利雄八段の紹介で日本棋院中部総本部に通う。

14歳時に全日本女流アマチュア囲碁選手権大会で優勝。「おかっぱ本因坊」として話題になり、これを機会に木谷實の内弟子となり18歳でプロ棋士になった[2]

1970年入段、71年二段、74年三段、75年四段、92年五段、95年六段。2008年、500勝達成。(杉内寿子に次ぐ女流2人目の記録)。

1977年、指導碁を通じて知り合った俳優の山本圭と結婚。1986年、長女を出産後に女流本因坊を獲得して話題になった[1]

1984年から出産休暇1年をはさんで10年間、NHK杯テレビ囲碁トーナメントの聞き手を担当[2]

40代からは囲碁の普及活動に力を入れ[2]2010年に棋士会会長となり(2年間)、同年9月19日「心の唄 10」(木谷実九段の三男・木谷正道が主催するコンサート)「やさしい囲碁入門講座」開催[3]。2012年から2014年には日本棋院の理事を務めた[4]

スポーツ報知では90年8月25日付から詰め碁連載を29年間務め、2011年から青葉かおりの後を引き継ぐ形で、週刊新潮でコラムを連載していた。

2014年に大腸がんを発症し翌年再発。2019年11月15日、病気のため急逝(これに伴い七段を追贈される)[5][6]。68歳没。

吉永小百合とは公私ともに交流が深く(夫の山本との共演経験もある。)「千年の恋 ひかる源氏物語」では囲碁シーンを指導。吉永は小川の急逝に絶句したという[1]

タイトル歴編集

主な著作編集

脚注編集

  1. ^ a b c 囲碁棋士の小川誠子さんが急逝 スポーツ報知で29年間詰め碁連載担当” (日本語). スポーツ報知 (2019年11月16日). 2020年12月16日閲覧。
  2. ^ a b c Ms Wendy|分譲マンションと生活に関する情報 Wendy-Net 351号 注目の人 囲碁棋士/小川 誠子さん”. www.wendy-net.com. 2020年12月16日閲覧。
  3. ^ 心の唄10・小川誠子六段の入門講座も開催!
  4. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年2月17日). “「天国でも囲碁を打って…」 小川誠子六段のお別れ会” (日本語). 産経ニュース. 2020年12月16日閲覧。
  5. ^ "囲碁・小川誠子六段が急逝 スポーツ報知に詰め碁を寄稿". スポーツ報知. 報知新聞社. 15 November 2019. 2019年11月15日閲覧
  6. ^ “「天国でも囲碁を打って…」 小川誠子六段のお別れ会”. 産経新聞社. (2020年2月17日). https://www.sankei.com/life/news/200217/lif2002170048-n1.html 2020年5月9日閲覧。 

外部リンク編集