小幡真子

日本のバレーボール選手

小幡 真子(こばた まこ、女性、1992年8月15日 - )は、日本バレーボール選手。V.LEAGUE Division1のJTマーヴェラスに所属している[1]

小幡真子
Mako Kobata
JTマーヴェラス  No.15
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-08-15) 1992年8月15日(29歳)
出身地 熊本県上天草市
ラテン文字 Mako Kobata
身長 164cm
体重 55kg
血液型 B
選手情報
所属 JTマーヴェラス
愛称 マコ
ポジション L
指高 200cm
利き手
スパイク 284cm
テンプレートを表示

来歴

熊本県上天草市出身[1]。バレーボールをしていた実母の影響で、小学4年次からバレーボールを始めた[2]上天草市立大矢野中学校を卒業後、バレーボールの強豪校である九州文化学園高校に進学し、春高バレーインターハイなどで活躍した。日本体育大学に進学し、4年次に主将を務めた。全日本インカレでは21年ぶりの優勝に大きく貢献し、自身もMVPとベストリベロ賞を受賞した[3][4]2015年1月にJTマーヴェラスの内定選手となり、同年11月のVチャレンジリーグ対フォレストリーヴズ熊本戦でVリーグデビューした[5]2016年5月の黒鷲旗大会で2連覇に貢献し、ベストリベロ賞を受賞した[6]

2017年3月、初めて全日本メンバーに登録され[7]、同年のワールドグランプリでシニア国際大会デビューを果たす。同年8月に開催されたアジア選手権ではチーム10年ぶり優勝に大きく貢献し、自らもベストリベロに耀いた[8]

2017/18シーズンのVプレミアリーグでははほぼ一人でリベロを務め、チームの準優勝に貢献しベストリベロ賞を獲得した[9]

2018/19シーズンからチーム主将を務める[10]。以降も活躍を続け、前述の2017/18シーズンから4シーズン連続でベストリベロ賞を獲得している[11][12][13]。チームのV1連覇(2019-202020-21)にも貢献し、2020-21シーズンには最高殊勲選手賞(MVP)にも輝き、新鍋理沙が引退するまでに何度も獲得していたサーブレシーブ賞にも輝いた[13]

2021年6月30日、2020年東京オリンピックの出場メンバー12名に選出された(同時選出は荒木絵里香田代佳奈美籾井あき石井優希古賀紗理那黒後愛林琴奈石川真佑奥村麻依島村春世山田二千華ら)[14][15]

自国開催であるオリンピックに出場できることに、とても感謝しています。サイドアウト、ブレイクと、自分が率先しチームとしてどう攻めてどう守るかを主体的に発信していきます。また全員とコミュニケーションを取り、周りに良い影響を与えられるような行動・言動をします。そして常に自分自身に挑戦しチャレンジしていきたいと思います。たくさんの方々の支えがありここまで来ることができたことに感謝し、日本代表としての覚悟を胸に戦いたいと思います。 — 小幡真子「日本バレーボール協会|第32回オリンピック競技大会(2020/東京)火の鳥NIPPON出場内定選手12人決定」より[14]

人物・エピソード

所属チーム

球歴

受賞歴

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[16]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2015/16 JT チャレンジリーグの為、記録を記載せず
2016/17 15 35 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 % 0.0% 234 72.2% 0
2017/18 21 84 0 0 0.0% % 0 0.00 0 0 % 0.0% 482 62.2% 0
2018/19 % % % % %

外部リンク

関係のある人物

脚注

  1. ^ a b c 小幡真子選手のプロフィール”. JTマーヴェラス. 2018年8月17日閲覧。
  2. ^ 「月刊バレーボール」2017年12月号臨時増刊 77ページ
  3. ^ [1]
  4. ^ [2]
  5. ^ [3]
  6. ^ [4]
  7. ^ 2017年度全日本女子チーム 選手・監督・スタッフ”. 日本バレーボール協会. 2017年3月24日閲覧。
  8. ^ BULLETIN #9”. AVC. 2017年8月18日閲覧。
  9. ^ 2017/18 V・プレミアリーグ女子大会 最終結果”. Vリーグ機構 (2018年3月17日). 2018年8月17日閲覧。
  10. ^ 2018/19シーズンより、小幡真子選手が主将になりました!”. JTマーヴェラス (2018年6月22日). 2018年8月15日閲覧。
  11. ^ “2018-19 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V・ファイナルステージ グランドファイナル 試合結果のお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2019年4月13日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21255 2021年2月15日閲覧。 
  12. ^ “2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V・ファイナルステージ ファイナル 試合結果のお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2020年1月26日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21615 2021年2月14日閲覧。 
  13. ^ a b “2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V・ファイナルステージ ファイナル 試合結果のお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2021年2月21日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21913 2021年2月21日閲覧。 
  14. ^ a b 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)火の鳥NIPPON出場内定選手12人決定”. 日本バレーボール協会 (2021年6月30日). 2021年9月28日閲覧。
  15. ^ 女子代表、五輪12名発表。荒木絵里香主将、古賀紗理那、黒後愛、籾井あき、石川真佑ら”. バレーボールマガジン (2021年6月30日). 2021年9月28日閲覧。
  16. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2018年8月17日閲覧。