メインメニューを開く

小早川 光郎(こばやかわ みつお、1946年9月10日 - )は、日本法学者成蹊大学法科大学院客員教授。東京大学名誉教授。専門は行政法日本公法学会理事長。行政手続や行政訴訟等の行政共通制度、国と地方の関係等について主に研究している。

略歴編集

人事院参与等も務めた。

著書編集

  • 『リヴェロ著・フランス行政法(Jean Rivero, Droit administratif)』(東京大学出版会、1982年)[共訳]
  • 『行政訴訟の構造分析』(東京大学出版会、1983年)
  • 『行政手続法逐条研究』(有斐閣、ジュリスト増刊、1996年)[編著]
  • 『行政法 上』(弘文堂、1999年)
  • 『行政法講義・下 I II 』(弘文堂、2002年-2005年)
  • 『改正行政事件訴訟法研究』(有斐閣、2005年)[編著]
  • 『論点体系 判例行政法3』(第一法規、2016年)[編著]
  • 『論点体系 判例行政法2』(第一法規、2017年)[編著]
  • 『論点体系 判例行政法1』(第一法規、2017年)[編著]

家族・親族編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集


先代:
(新設)
総務省行政不服審査会会長代理
2016年 - 2019年
次代:
戸塚誠