小早川 扶平(こばやかわ すけひら)は、戦国時代武将安芸備後国人領主。沼田小早川氏の当主。

 
小早川扶平
時代 戦国時代
生誕 文明17年(1485年
死没 永正5年1月14日1508年2月14日[1]
改名 又鶴丸(幼名)[1]、扶平
別名 又太郎[1]
戒名 正法院惟三常因[1]
官位 掃部助、兵部少輔[1]、掃部頭[1]
氏族 小早川氏
父母 父:小早川敬平[1]
興平[1]義氏船木常平[1]
テンプレートを表示

文明17年(1485年)、小早川敬平の長男として生まれる。明応8年(1499年)、父の死去により家督を継いで当主となる。父の時代に小早川氏は勢力を拡大したが、扶平は室町幕府管領細川政元の勢力を後ろ盾にして文亀元年(1501年)に杉原氏の領地であった備後三原を自らの領土とした。永正元年(1504年)には備後三原の代官職を与えられた。これらは全て政元の計らいによるものである。

しかし永正4年(1507年)、細川政元が家臣によって暗殺され(永正の錯乱)、さらに政元によって追放されていた第10代将軍足利義稙大内義興によって奉じられて上洛を開始すると、扶平は義興から上洛に参加するように圧力を受けるようになる。また、分家の竹原小早川氏の当主・小早川弘平も本家の扶平に反抗して大内義興に恭順するなど、事態が切迫していく中で扶平は心労により病に倒れ、去就を定めないまま永正5年(1508年)1月14日に死去した。跡を長男の興平が継いだ。24歳[1]で夭逝したが、子は3人いたとされている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j 今井尭ほか編 1984, p. 341.

参考文献編集

  • 今井尭ほか編『日本史総覧』3(中世 2)、児玉幸多小西四郎竹内理三監修、新人物往来社、1984年3月。全国書誌番号:84023599ISBN 4404012403NCID BN00172373OCLC 11260668ASIN B000J78OVQ