メインメニューを開く

小月冴子

小月 冴子(おづき さえこ、1922年12月24日 - 2012年12月3日)は元松竹歌劇団(SKD)の男役スター。東京都出身。本名は田口 秀子。

おづき さえこ
小月 冴子
小月 冴子
1951年
本名 田口 秀子
生年月日 (1922-12-24) 1922年12月24日
没年月日 (2012-12-03) 2012年12月3日(89歳没)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 女優
活動期間 1937年 - ?
主な作品
『踊る竜宮城』(1949年)
『夢を召しませ』(1939年)

目次

略歴編集

 
前列中央右が小月(1953年『秋のおどり』)

1936年(昭和11年)、松竹少女歌劇学校に4期生として入る。同期に曙ゆり並木路子加藤治子月城彰子(後の岩井半四郎夫人)、矢口陽子、(後の黒澤明監督夫人)らがいた。

1937年(昭和12年)松竹少女歌劇団(SSK、後のSKD)に入り、同年完成した東洋一の大劇場・浅草国際劇場の杮落し公演『第8回東京踊り』で初舞台を踏んだ。

1944年(昭和19年)に幹部に昇進し、1946年(昭和21年)頃に大幹部に昇進。戦後『カルメン』(46年)のタイトルロール、『猿飛佐助絢爛城へ行く』(48年)の早百合姫で人気を集めた。その後も『リオ・グランデ』(52年)、『カルネバル・イタリアーノ』(59年)、『ホリデイ・イン・バリー』(62年)など多くの舞台に出演。『踊る竜宮城』(49年)や、松竹歌劇映画『夢を召しませ』(50年)等のミュージカル映画でも活躍している。

1973年(昭和48年)には芸術選奨文部大臣賞レビュー界では初めて受賞した。1980年(昭和55年)に松竹歌劇団を退団[1][2]1981年(昭和56年)に松尾芸能賞を受賞。退団後は後進の指導にあたった。1987年(昭和62年)に紫綬褒章を受章[1][2]

2012年(平成24年)12月3日、肺気腫のため死去[1][2]。89歳没。

出演編集

舞台編集

  • 東京踊り
  • 翠琴抄(1943年)
  • カルメン(1946年) - カルメン 役
  • 青い鳥(1947年)
  • 猿飛佐助絢爛城へ行く(1948年) - 早百合姫 役
  • リオ・グランデ(1952年)
  • 竜虎(1954年)
  • カルネバル・イタリアーノ(1959年)
  • ホリデイ・イン・バリー(1962年)
  • 民謡北陸の旅(1969年)
  • 修善寺物語(1977年)
  • THIS IS REVUE(1980年)

映画編集

脚注編集

  1. ^ a b c 元松竹歌劇団トップスター・小月冴子さん死去”. 朝日新聞デジタル (2013年5月21日). 2013年5月21日閲覧。
  2. ^ a b c 元松竹歌劇団トップスター、小月冴子さん死去”. YOMIURI ONLINE (2013年5月21日). 2013年5月21日閲覧。