小木 新造(おぎ しんぞう、1924年1月31日 - 2007年7月12日)は、文化史学者。

経歴編集

東京生まれ。東京教育大学卒業。桐朋学園大学教授、上越教育大学教授を経て、1986年、国立歴史民俗博物館教授、1988年、江戸東京歴史財団理事、1996年、東京都江戸東京博物館館長、1998年、顧問。

1978年、『東京庶民生活史研究』で文学博士(東京教育大学)、1980年、『東亰(とうけい)時代』で毎日出版文化賞、『東亰庶民生活史研究』で角川源義賞受賞、1989年、東京都文化賞受賞。

江戸および明治東京の庶民史研究で一家を成した。

著書編集

  • 『昭和庶民文化史』上下 日本放送出版協会 1970-1971
  • 『東京庶民生活史研究』日本放送出版協会 1979
  • 『東亰時代』日本放送出版協会(NHKブックス)1980  のち講談社学術文庫
  • 『ある明治人の生活史 相沢菊太郎の七十八年間の記録』中公新書 1983
  • 『江戸東京学事始め』筑摩書房(ちくまライブラリー)1991
  • 『江戸東京学』都市出版 2005

共編著編集