メインメニューを開く

小木曽 聡(おぎそ さとし、1961年1月5日[1] - )は、日本の実業家トヨタ自動車トヨタ車体専務役員。元アドヴィックス代表取締役社長

経歴・人物編集

東京都出身[2]東京工業大学工学部機械工学科卒業後、1983年4月にトヨタ自動車に入社[1]。入社後はシャシー設計部に配属。1993年同社東富士研究所に異動。同時に初代プリウス初期開発チーム活動「G21」に参画[3]1994年初代プリウス製品企画担当。1998年2代目プリウス製品企画担当。2003年チーフエンジニアとして3代目プリウス開発担当。2007年プリウス、プリウスα、プリウスcConcept量販車、PHV、EV、FCVを担当。プリウスの開発メンバーでは最古参でもある[2]2011年同社製品企画本部製品企画チーフエンジニア兼常務理事[2]2013年同社常務役員就任。同年製品企画本部副本部長、シャシー技術領域領域長。2015年グループ企業のアドヴィックス代表取締役社長を経て、2018年トヨタ自動車、トヨタ車体専務役員就任。

脚注編集