メインメニューを開く
小村欣一

小村 欣一(こむら きんいち、1883年明治16年)5月13日 - 1930年昭和5年)12月29日)は、大正・昭和初期の外交官貴族院議員華族侯爵)。

目次

人物編集

明治期の外交官、小村寿太郎の長男として生まれた。日本中学一高を経て、1907年(明治40年)7月、東京帝国大学法科大学政治学科卒業、成績優秀につき銀時計を賜った。同年11月、外交官及領事官試験に合格、外交官補になり清国に赴任。翌年、英国の日本大使館に赴任した。

1911年、父が危篤になり帰国。父の死後、同年12月22日に侯爵を継ぎ、貴族院侯爵議員(1911年12月22日 - 1930年12月29日)となった[1]。外務省では政務局第一課長、情報部長などを歴任。1929年拓務省が設置されると朝鮮部長、次官に就任した(当初の拓務大臣は田中義一首相が兼務)。次の濱口内閣でも拓務次官に留任[2]

この間、中野正剛の東方会(1917年、1936年結成の東方会とは別)に参加、また東亜同文会理事を務めた。演劇が趣味で国民文芸会(1919年)に加わり、国立劇場設置運動を推進したが、関東大震災のため実現しなかった[3]。演劇界、文芸界、美術界などに顔が広く、「外務省きっての名物男」[4]と呼ばれた。

1930年(昭和5年)12月29日に急逝。

栄典編集

位階
勲章等

家族編集

  • 妻・温子 - 平山成信(貴族院議員、男爵)の長女。欣一の逝去後、一時高等女官となり宮中に仕えた。1945年死去。
  • 長女・淑子 - 学習院在学中の1929年に急逝した。
  • 妹・文子 - 1886年生まれ。外交官・佐分利貞男に嫁いだが、1925年死去。
  • 弟・捷治 - 1895年生まれ。のちに襲爵した。

注釈編集

  1. ^ 『官報』第8555号、明治44年12月25日。
  2. ^ 経歴は主として1930年12月30日読売新聞より。
  3. ^ 木村敦夫「文化政策としての「国民文芸会」の活動」[1]
  4. ^ 1923年5月10日読売新聞
  5. ^ 『官報』第8398号「叙任及辞令」1911年6月21日。
  6. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  7. ^ 『官報』第1674号「叙任及辞令」1918年3月5日。


日本の爵位
先代:
小村壽太郎
侯爵
小村(壽太郎)家第2代
1911年 - 1930年
次代:
小村捷治