メインメニューを開く

小松バイパス(こまつバイパス)は、石川県能美市大長野から同県加賀市箱宮町に至る国道8号バイパス道路

一般国道バイパス
国道8号標識
小松バイパス
路線延長 15.6km
陸上区間 15.6km
開通年 1986年
起点 石川県能美市大長野
終点 石川県加賀市箱宮町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0305.svg国道305号
Japanese National Route Sign 0360.svg国道360号
Japanese National Route Sign 0416.svg国道416号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

全線が完全立体交差で、現在は暫定2車線対面通行となっている(なお、一部区間において、4車線化工事または4車線化工事に向けた測量が行われている)。

全線開通後、正面衝突事故や追突事故が相次いだため、センターポールの設置・非常駐車帯の整備・合流車線の延長などの緊急対策工事が行われた。なお旧道は国道305号へと路線変更。

千代・能美IC 大長野IC方面入口を北望

目次

概要編集

  • 起点 石川県能美市大長野 「大長野西」交差点
  • 終点 石川県加賀市箱宮町 「箱宮町」交差点付近
  • 延長 15.6km
  • 設計速度 80km/h
  • 車線数 暫定2車線(4車線)
  • 道路規格 第3種1級
  • 総事業費 600億円
  • 管理者 国土交通省

歴史編集

  • 1974年(昭和49年) - 小松バイパス事業化。
  • 1982年(昭和57年) - 小松バイパス建設着工。
  • 1986年(昭和61年)11月 - 八幡IC~東山IC間(L=2.2Km)供用開始(暫定2車線)。
  • 1990年(平成2年)11月 - 東山IC~粟津IC間(L=5.1Km)供用開始(暫定2車線)。
  • 1992年(平成4年)10月 - 粟津IC~箱宮IC間(L=3.7Km)供用開始(暫定2車線)。
  • 1998年(平成10年)8月 - 佐々木IC~八幡IC間(L=1.3Km)供用開始(暫定2車線)。
  • 2003年(平成15年)3月24日 - 大長野IC~佐々木IC間(L=3.3Km)供用開始(暫定2車線)これにより小松バイパス全線開通
  • 2009年(平成21年) - 慢性的な渋滞解消のため、八幡IC~東山IC間の4車線化工事について発表。4車線化工事については東山ICの改良工事を優先することとし、東山ICの改良工事の完成は2012年(平成24年)度の供用開始を目指すとした。
  • 2010年(平成22年)4月22日 - 蓮代寺ICに隣接して、道の駅こまつ木場潟が開駅。
  • 2010年(平成22年)7月20日 - 「小松バイパス二ツ梨擁壁設計業務」開札。これにより、八幡IC~箱宮IC間(L=11.0km)で計画されている4車線化に向けた、前記全区間の設計業務が完了する。
  • 2012年(平成24年)12月25日 - 八幡IC~東山IC間(L=2.2km)4車線化が完成し供用開始(小松バイパスで初めての4車線供用)。
  • 2015年(平成27年)3月20日 - 東山IC~粟津IC間(L=5.1Km)の4車線化が完成し供用開始。

通過市町村編集

起点側から順に

  • 石川県
    • 能美市 - 小松市 - 能美市 - 小松市 - 加賀市

インターチェンジなど編集

接続するバイパスの位置関係編集

(敦賀方面) - 福井バイパス - 現道 - 小松バイパス - 金沢西バイパス - 金沢バイパス - (富山方面)

関連項目編集

外部リンク編集