メインメニューを開く

小松 三郎左衛門(こまつ さぶろうざえもん、正保2年(1645年) - 延宝6年10月25日1678年12月8日)は、江戸時代義民

金沢山の入会権をめぐる争いで、金沢村 (長野県)の代表として紛争の解決に当たり、村のため裁許状をくつがえそうと、江戸へ直訴しようとして藩主の怒りにふれ、処刑された。信濃国金沢宿本陣問屋

経歴・人物編集

この節の出典:[1]

甲州街道四十四次の四十三番目の宿場、信濃国金沢宿(現在の長野県茅野市金沢区)に生まれる。本陣問屋場の主は代々世襲制で、諏訪高島藩金沢宿、本陣問屋、四代目小松三郎左衛門を襲名する。

この宿場は街道の分岐点にあり、高遠飯田に通じるので伝馬地かつ人馬継立[注釈 1]を問屋として責務を負っていた。

一方金沢村の村民達は農耕に従事し、薪炭肥料の資を鳴沢山[注釈 2]と金沢山[注釈 3]から得て暮らしを立てていた。

明暦2年(1656年)に金沢村と隣の千野村[注釈 4]との間に山論(金沢山の山林の所有権を巡る争い)が起きた。その時、二代藩主諏訪忠恒[2]裁定により、高道下境塚[注釈 5]を起点とし、松倉峠(金沢峠)[注釈 6]に至る一線を画し、境界が確定していた。

しかし、忠恒没後、三代藩主諏訪忠晴の時代になった当時、大水害、飢饉が続き[3]、藩内では死者が1200人も出るなど諏訪藩の財政難で藩は財源確保を模索していた[4]。 延宝5年(1677年)千野村は、鳴沢山はもちろん金沢山をも入会地と称し訴訟した。それを受け、延宝6年、藩は「先の確定は田地堺を定めたもので、山境にあらず」とし、金沢山全部を含め、両村入会地との裁許状を下した。先の確定が蹂躙されたことを憤慨し、一村の荒廃に関わる一大事に、裁許状をくつがえそうと、三郎左衛門は金沢村の代表として紛争の解決に当たった。

延宝6年(1678年10月25日、三郎左衛門は宮川[注釈 7]沿い矢ノ口河原であったところで磔にされ、村民が見守る中で命を絶たれた。享年34歳の若さだった。その罪状は、山論に没頭するあまり、本来の問屋業務を疎かにしたというものであった。

しかし、実態は三郎左衛門が、山論の正当な解決を直訴しようとしたことへの処罰、江戸に出向いて直訴する行為が近隣の村々に悪影響を及ぼすことを恐れた藩主による見せしめであった。

執行されたこの処罰は、諏訪地方における唯一の磔刑であったという。

妻子は追放、闕所(財産没収)となる。結局、金沢山の土地も千野村の所有になることは無く、後に藩に収公[注釈 8]された。  その後、諏訪藩は、藩内の二十ヶ村に入会権を与え、二百年に亘る定着した財源になったという[5]

三郎左衛門死後編集

それから100年後の寛延2年(1749年)三郎左衛門の磔にされた桟敷場に子孫によって供養の地蔵尊が建てられたが、いつの頃か度重なる水害にあい流失したものと思われる[6]

寛政12年(1800年)別の場所に地元の人々に祀られた如意輪観音を地蔵の見替わりに、毎年命日に供養が行われ今日に至る。人々には「みょうり様」と呼ばれ親しまれている[7]

さらに、三郎左衛門の死後200年の明治13年(1880年)金沢村の村民達が宮城上等裁判所提訴した。村民の誠意と真実に心を動かされた裁判所によって、金沢村の土地であるという勝訴判決が出された[8]

昭和25年(1950年)青柳神社境内に頌徳碑、三郎左衛門の墓のある泉長寺裏の墓地に供養塔を、金沢村の人々によって奉納される[9]

地蔵尊再建編集

明治31年(1898年)の水害の復旧工事の時、台石だけが付近の河原より見つかり、台石を失った青面金剛像がその台石上に祀られた。金沢村史編纂会は昭和62年(1987年)山論に関係のあった高道調査の帰り、宮川の川底より行方不明となっていた三郎左衛門を祀る首を失った地蔵尊を発見した。地蔵尊の首を復元し、下町にある青面金剛像の載る台石に刻まれている施主氏名を復刻し再建した。平成3年(1991年)3月20日茅野市金沢区健之す[10]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 荷物の人足と馬の交代
  2. ^ 現在の茅野市宮川区
  3. ^ 安国寺堺から現在の諏訪郡富士見町御射山神戸境に至る山林
  4. ^ 後に茅野村に村名変更、明治期に宮川村 (長野県)(現在の茅野市宮川区)に合併された、かつてあった村
  5. ^ 現在の茅野市宮川区
  6. ^ 松倉峠は高遠町の松倉から茅野市金沢の大池、またはJR青柳駅に通ずる峠である。高遠側からは金沢峠と呼ばれている。
  7. ^ 宮川(天竜川水系)参照
  8. ^ 領地などを官府がとりあげること。没収

出典編集

  1. ^ 参考文献・小松三郎左衛門 頌徳碑
  2. ^ 青柳宿から金沢宿に宿場を移した翌年1651年(慶安4年)諏訪忠恒、金沢宿、宿場町建設に尽力す。
  3. ^ 延宝の飢饉、江戸四大飢饉参照
  4. ^ 小林勝郎『義民小松三郎左衛門とその子孫 甲州街道金沢宿本陣問屋ー長野県諏訪市』49頁参照
  5. ^ 金沢村と千野村との山論を好機とした藩の財源確保のための謀略ではないかという説あり-小林勝郎『義民小松三郎左衛門とその子孫 甲州街道金沢宿本陣問屋ー長野県諏訪市』70頁参照
  6. ^ 参考文献・信濃金沢名所史跡マップ24小松三郎左衛門桟敷場
  7. ^ 参考文献・信濃金沢名所史跡マップ29如意輪観音コリトリ場
  8. ^ 参考文献・信濃金沢名所史跡マップ29如意輪観音コリトリ場
  9. ^ 参考文献・信濃金沢名所史跡マップ17小松三郎左衛門供養塔
  10. ^ 参考文献・地蔵尊再建の趣旨の石碑

参考文献編集

  • 頌徳碑 渡辺世祐 制作、誌す 1950年、金沢村建之す。 
  • 渡辺世祐『社会経済史学 18(3) 信濃高島藩金沢村小松三郎左衛門磔殺事件・地方史研究社会経済史学』1952年 社会経済史学会国立図書館
  • 横山十四男『百姓一揆と義民伝』(教育社歴史新書日本史85巻)1977年ISBN 978-4315402124
  • 小林勝郎『義民小松三郎左衛門とその子孫 甲州街道金沢宿本陣問屋ー長野県諏訪市』中央企画出版、1986年(小松三郎左衛門の末裔である作者が8年をかけて、古文書、文献、親戚たちへの聞き取り等の取材研究をして本にまとめた。)
  • 大久保善立『小説 小松三郎左衛門 附考証鳴沢山一件』長野日報<長野日報選書>、2001年ISBN 978-4931435599
  • 信濃金沢名所史跡マップ 2015年 金沢地区コミュニティ運営協議会 / 金沢の未来を考える研究会著 茅野市公式ホームページ内
  • 地蔵尊再建の趣旨の石碑 1991年茅野市金沢区建之す。

外部リンク編集

  • 茅野市公式ホームページ→茅野市魅力情報発信サイト→茅野市でしたい20の事→ウォーキングで心も体も健やかになる→ウォーキングマップ→関連情報、史跡を歩こう(甲州街道編)信濃金沢名所史跡マップ