小松原 博喜(こまつばら ひろき、1924年5月24日 - 1965年4月23日)は、神奈川県出身の元プロ野球選手。ポジションは、主に内野手外野手としてプレーし、1949年まで投手も兼任した。

小松原 博喜
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県
生年月日 1924年5月24日
没年月日 (1965-04-23) 1965年4月23日(40歳没)
身長
体重
175 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手 外野手 投手
プロ入り 1942年
初出場 1942年
最終出場 1957年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

横浜商業では第15回選抜中等学校野球大会に出場。卒業後の1942年大和軍へ入団する。同年4月22日の対東京巨人軍戦に初先発するが、この試合で14与四球を記録、これは野茂英雄1992年に並ばれ、1994年に16個で抜かれるまで日本プロ野球記録であった。なお、この試合では押し出しは与えず完投し4失点(3自責点)で切り抜けている[1]。この年の投手としての登板は5試合に留まるが、左翼手一塁手を務めて82試合に出場。翌1943年は左翼手として常時出場した。同年限りで大和軍が解散すると、ヂーゼル自動車に入社した。

1947年に読売ジャイアンツへ入団してしプロ野球に復帰。開幕当初は先発投手を務め6勝を挙げるが、6月から多田文久三が野手から投手に転向すると、小松原は打力を活かして外野手に転向する。以降は右翼手のレギュラーとなり五番または六番を打って6本塁打(チーム1位)、56打点(同3位)を記録した。なおこの年の7月27日の対金星スターズ戦の1試合ではあるが四番打者を務めている。1948年青田昇阪急ブレーブスから移籍加入すると、小松原は控えに回り同年65試合、1949年45試合の出場機会に留まった。

1950年2リーグ制分立に伴って左翼手のレギュラーだった平山菊二大洋ホエールズに移籍すると、小松原はその後釜として左翼手の定位置を掴んでほぼフル出場。主に二番を打って34盗塁(チーム1位)92得点(チーム4位)を挙げた。1951年になると6月から加入した与那嶺要に定位置を奪われ、以降は徐々に出場機会を減らした。

1955年国鉄スワローズへ移籍。左翼手のレギュラーとなってクリーンアップも打ち、リーグ最多の29二塁打を記録した。1957年限りで引退1958年から1961年まではコーチを務めた。

1965年4月23日肺疾患により死去[2]。満40歳没。

選手としての特徴編集

大物打ちではなかったが、粘り強く特にファールで粘るのが得意であった[2]

人物編集

口数の少ないおとなしい性格であったが、理論家タイプで非常に研究熱心だった。若手選手を教えるのがうまく、都会風で温厚だったことから、若い人もよく言うことをきいていた。見た目もロイド眼鏡をかけて気の弱そうな容姿をしていたが、豪快で腕っ節の強い藤原鉄之助と仲が良かった。二人が街を歩いていると、まるで顧客の金を使い込んだ銀行員が刑事に引っ張られているようで、チームメイトからよく冷やかされていたという[2]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1942 大和 82 259 229 16 46 4 3 1 59 22 4 1 0 -- 30 -- 0 32 -- .201 .293 .258 .551
1943 82 317 272 18 51 6 2 0 61 26 10 0 2 -- 42 -- 0 30 -- .188 .296 .224 .520
1947 巨人 111 416 368 43 96 14 7 6 142 56 6 3 6 -- 40 -- 0 33 -- .261 .333 .386 .719
1948 67 115 106 12 26 1 3 1 36 14 3 0 3 -- 5 -- 0 9 -- .245 .279 .340 .619
1949 45 53 47 8 13 0 0 2 19 7 0 0 1 -- 5 -- 0 4 -- .277 .346 .404 .750
1950 140 629 555 92 142 21 3 8 193 55 34 8 10 -- 63 -- 1 55 13 .256 .333 .348 .681
1951 91 287 243 38 67 12 1 3 90 38 19 8 9 -- 34 -- 1 25 8 .276 .367 .370 .737
1952 66 105 87 14 23 2 0 0 25 14 2 4 1 -- 16 -- 1 4 4 .264 .385 .287 .672
1953 20 35 30 2 4 1 0 0 5 1 0 0 1 -- 4 -- 0 3 0 .133 .235 .167 .402
1954 61 102 89 6 24 2 0 1 29 11 1 1 2 1 9 -- 1 17 0 .270 .343 .326 .669
1955 国鉄 118 432 388 28 98 29 0 6 145 47 8 1 2 7 33 1 1 41 6 .253 .313 .374 .687
1956 76 182 169 12 40 7 0 2 53 15 3 3 2 1 10 0 0 32 5 .237 .279 .314 .593
1957 12 19 18 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .056 .105 .056 .161
通算:13年 971 2951 2601 289 631 99 19 30 858 306 90 29 39 9 292 1 5 288 36 .243 .320 .330 .650
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1942 大和 5 3 1 0 0 0 3 -- -- .000 75 13.1 12 0 26 -- 0 6 0 0 15 13 8.36 2.85
1943 3 2 0 0 0 0 1 -- -- .000 39 8.2 5 0 6 -- 2 2 0 0 2 2 2.00 1.27
1947 巨人 13 9 4 1 0 6 5 -- -- .545 325 78.1 83 5 22 -- 2 18 0 0 36 25 2.85 1.34
1948 34 8 5 1 0 4 6 -- -- .400 556 134.1 114 8 51 -- 3 54 0 0 52 34 2.27 1.23
1949 14 3 0 0 0 1 3 -- -- .250 178 36.0 50 3 17 -- 0 14 0 0 26 22 5.50 1.86
通算:5年 69 25 10 2 0 11 18 -- -- .379 1173 270.2 264 16 122 -- 7 94 0 0 131 96 3.19 1.43

記録編集

背番号編集

  • 18 (1942年 ‐ 1943年)
  • 22 (1947年 ‐ 1954年)
  • 2 (1955年 ‐ 1957年)

脚注編集

  1. ^ 『日本プロ野球記録大鑑』634頁
  2. ^ a b c 『巨人軍の男たち』110頁

参考文献編集

関連項目編集