メインメニューを開く
日本 > 東京都 > 江戸川区 > 小松川

小松川(こまつがわ)は、東京都江戸川区町名。現行行政地名は小松川一丁目から小松川四丁目が設置されている。三丁目の一部と四丁目は住居表示未実施。郵便番号132-0034[2]

小松川
荒川・中川の中州から見た小松川一丁目の高層住宅群
荒川・中川の中州から見た小松川一丁目の高層住宅群
小松川の位置(東京23区内)
小松川
小松川
小松川の位置
北緯35度41分32.75秒 東経139度51分2.5秒 / 北緯35.6924306度 東経139.850694度 / 35.6924306; 139.850694
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Edogawa, Tokyo.svg 江戸川区
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 16,168人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
132-0034[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立
リバーウェスト商店街(小松川三丁目)

地理編集

江戸川区北西部に位置し、荒川旧中川をもって同区本土から分離されている。町域は東・南・西を河川に囲まれ、北隣の平井の他に陸続きでは移動できない。町域南半は公園が多く立地している。北は平井一・二丁目、東は荒川・中川を挟んで対岸に西小松川町東小松川三・四丁目および船堀一・二丁目、南は江東区東砂三丁目、西は旧中川を挟んで対岸に江東区大島と隣接している。

歴史編集

1932年昭和7年)の江戸川区成立時に、小松川一〜四丁目として成立した。当地区では1988年(昭和63年)以降、順次住居表示が実施され、実施前と実施後では丁目の境が変更されている。1988年(昭和63年)、現一丁目の大部分において住居表示が実施された。1993年平成5年)、現二丁目の一部において住居表示が実施された。1996年(平成8年)、現一丁目の残余、現二丁目の残余、現三丁目の大部分において住居表示が実施された。三丁目の一部(京葉道路以北)と四丁目は住居表示未実施である。

野菜の小松菜の命名の由来とされる地である。

市街地再開発事業(亀戸・大島・小松川地区市街地再開発事業)と合わせた高規格堤防事業で嵩上げが行われ、ゼロメートル地帯の中心部であるが、周囲より高台となっている。平成2年から事業が始まり、平成26年度に事業が完了した。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
小松川一丁目 2,469世帯 5,386人
小松川二丁目 2,098世帯 4,801人
小松川三丁目 1,820世帯 4,716人
小松川四丁目 621世帯 1,265人
7,008世帯 16,168人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4]。なお、江戸川区では学校選択制度を導入しており、区内全域から選択することが可能。[5][6]

丁目 番地 小学校 中学校
小松川一丁目 全域 江戸川区立小松川第二小学校 江戸川区立小松川第二中学校
小松川二丁目 全域
小松川三丁目 1〜13番(地)
73番(地)以降 江戸川区立小松川小学校
小松川四丁目 全域 江戸川区立小松川第一中学校

交通編集

鉄道編集

バス編集

すべて都営バスの路線である。

道路・橋梁編集

道路
橋梁
  • 中川新橋
  • 逆井橋
  • 虹の大橋
  • もみじ大橋
  • さくら大橋
  • 船堀橋
  • 中川大橋
  • 平成橋
  • 小松川大橋
  • 荒川大橋
  • 船堀橋

施設編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁目別世帯と人口・年齢別人口報告”. 江戸川区 (2017年12月8日). 2017年12月13日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月13日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月13日閲覧。
  4. ^ 町丁目別通学指定校一覧”. 江戸川区. 2019年1月4日閲覧。
  5. ^ 江戸川区立小学校「学校選択制」のご案内”. 江戸川区 (2017年5月12日). 2017年12月13日閲覧。
  6. ^ 江戸川区立中学校「学校選択制」及び学校公開のご案内”. 江戸川区 (2017年7月12日). 2017年12月13日閲覧。

関連項目編集