メインメニューを開く

小松 純也(こまつ じゅんや、1967年2月22日 - )は、日本のテレビプロデューサー、演出家、劇作家

フジテレビジョン(以下フジテレビと略)編成制作局バラエティー制作センター部長を経て、フジテレビ社員(人事局付局長待遇)のまま出向で共同テレビジョン(共同テレビ)へ異動、同社第2制作部長・プロデューサーとなる。2019年3月31日にフジテレビを退社し、株式会社スチールヘッド代表取締役。[1]

兄は中国文学者小松謙

なお、同姓同名のシンガーソングライターが存在するが彼は別人である。

目次

来歴・人物編集

兵庫県西宮市出身。大阪星光学院卒業後、京都大学文学部に進学する。在学中「劇団そとばこまち」に在籍し俳優放送作家として活動した。

京都大学卒業後、1990年フジテレビ入社。TBSに入社した植田博樹と合田隆信は京都大学の同期である。入社後は第二制作部・佐藤義和班に所属していた。

タモリ明石家さんまダウンタウンSMAP(特に木村拓哉)、笑福亭鶴瓶ウッチャンナンチャン他大物タレントとの関係が深く、演出を担当することが多い。

フジテレビのマスコットキャラクター「ラフくん」を制作。

2005年7月からバラエティ制作センターから編成部に異動。バラエティ最後の仕事として「FNS ALL-STARS あっつい25時間テレビやっぱ楽しくなければテレビじゃないもん!」の総合演出を担当した。

2009年6月、編成部からバラエティ制作センターに再び異動し企画統括担当部長などを務めた。

2012年6月28日付でスカパーJSAT出向し、編成部主幹。2014年6月27日付で復社し、編成制作局バラエティー制作センター部長に就任した。

2015年から共同テレビに出向し現職。第2制作部長の立場ながら制作現場に復帰。

2019年3月31日にフジテレビを退社。

株式会社スチールヘッドを設立、代表取締役となる。

コント番組を多くヒットさせた実績から「90年代のテレビコントとは小松純也の世界である」(戸部田誠)[2]と評されるが、他ジャンルの番組も多く企画・演出。ヒット作も多い。

共同テレビ出向当時、フジテレビ社員にも関わらず、NHKTBSなど他局やAmazonプライム・ビデオなど配信メディアでも番組を企画、制作していた。

フジテレビ入社後も劇団そとばこまちキューブプロデュース公演を中心に劇作家・舞台演出家として断続的に活動している。

担当番組編集

プロデューサー
演出
企画・監修

過去に担当していた番組編集

ディレクター・演出
プロデューサー
企画・編成・監修・制作
その他

音楽編集

ゲーム編集

舞台編集

  • 冬の絵空 そとばこまちプロデュース公演、作・演出・出演  (近鉄劇場、本多劇場、中座、世田谷パブリックシアターなど数度再演)
  • A HORROR SHOW ZIZZY(「劇団そとばこまち」公演、作・出演。 京都府民ホールALTI・Aiホール杮落し公演。
  • CONCRETE CONCRETE(花の万博 メインステージ、作)
  • おまえを殺しちゃうかもしれない(「劇団そとばこまち」公演、作)
  • 鶴瓶のらくだ(歌舞伎座、南座、金比羅金丸座ほか 構成、演出)
  • ボクの妻と結婚してください。(脚本、演出 銀河劇場)
  • 火花 (紀伊国屋ホール 松下IMPホール 脚本、演出)

受賞歴編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集