メインメニューを開く

小松運動公園末広野球場(こまつうんどうこうえん すえひろやきゅうじょう)は、石川県小松市の小松運動公園(末広運動公園)にある野球場。愛称弁慶スタジアム(べんけいスタジアム)。施設は小松市が所有し、(公財)小松市まちづくり市民財団が指定管理者として運営管理を行っている。

小松運動公園末広野球場
(弁慶スタジアム)
Komatsu Benkei Stadium
正面
施設データ
所在地 石川県小松市末広町2番地(小松運動公園内)
開場 1954年1980年2008年改修)
所有者 小松市
管理・運用者 (公財)小松市まちづくり市民財団
グラウンド 内野 - 黒土
外野 - 天然芝
照明 照明塔 - 6基
照度 - 投捕間:1500Lx
内野:1000Lx
外野:800Lx
設計者 協同組合 綜合設計コンサルタント
使用チーム • 開催試合
石川ミリオンスターズベースボール・チャレンジ・リーグ
北陸大学野球連盟、石川県高校野球連盟 
収容能力
10,000人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:13,745 m2
両翼:99.1 m、中堅:122 m

目次

概要編集

1954年、市内の末広運動公園内に竣工。開場当初のフィールドは両翼113m、中堅130mと非常に広かった。同年の開場以来、高校野球などアマチュア野球公式戦が行われている。また、ベースボール・チャレンジ・リーグ石川ミリオンスターズが公式戦の一部を開催している。

老朽化のため改修を行い、1980年からフィールドは両翼98m、中堅120mとなり、フェンスへのラバー貼付、またメインスタンドには審判室、放送室など本部席部分が増設された。1990年5月6日には市制50周年を記念してプロ野球ウエスタン・リーグ公式戦・中日ドラゴンズ対オリックス・ブレーブス(現オリックス・バファローズ)戦が開催された。

だが老朽化は著しく、2002年には末広野球場の改築を求める市民から約9,000人分の署名が提出された。市ではこれを受けて検討作業に入り、総工費約22億2,300万円をかけて全面的に改築を行うことになった。2006年8月から旧施設の撤去を開始し、同年10月15日から改築工事に着工、2008年6月に竣工した。6月29日には落成式が執り行われ、球場開きとして龍谷大学付属平安高等学校石川県立小松工業高等学校小松市立高等学校による招待試合を開催して供用を再開した。

また市では竣工後の同年11月4日から11月28日にかけて末広野球場の愛称の一般公募を実施。全国の252人から計350件の応募があり、12月12日の選定会で弁慶スタジアムに決定した。かつて源義経が奥州へ落ちる道中、同市に存在したとされる安宅関で関守に止められた際、武蔵坊弁慶が偽の勧進帳を読み上げた故事は、能楽安宅』や歌舞伎勧進帳』のモチーフにもなっている。市側は選定理由について「『弁慶』という名は、未来に向け力強く羽ばたく小松市をイメージするのに相応しい」としている。愛称は12月16日に正式発表され、応募者には賞品が授与された。

沿革編集

  • 1947年(昭和22年) 石川県で開催される国民体育大会の試合会場として、芦城公園内に野球場を急遽建設。
  • 1954年(昭和29年) 末広運動公園内にて、当球場が竣工。
  • 1980年(昭和55年) 大規模改修を実施し竣工。
  • 2008年(平成20年) 全面改築を実施し竣工。

施設概要編集

  • グラウンド面積:13,745m2
  • 両翼:99.1m、中堅:122m
  • 内野:黒土、外野:天然芝
  • 収容人数:10,000人
    • 内野:6,000人(ベンチ席)、外野4,000人(芝)
    • 内野スタンドのネット裏上段には膜屋根が架設されている。
  • 照明設備:照明塔6基
    • 最大照度:投捕間1500Lx、内野1000Lx、外野800Lx
  • スコアボード:磁気反転式、フリーボード(H2.0×W4.0m、LED・8色表示)
  • 室内練習場:一、三塁側各1か所(多目的750m2・ロングパイル人工芝、ブルペン125m2

交通編集

関連項目編集

外部リンク編集