メインメニューを開く

小林 亜紀子(こばやし あきこ、1948年4月9日 - )は、日本芸能プロモーター。夫・俳優高橋英樹と、長女・フリーアナウンサー高橋真麻が所属していた芸能事務所「アイウエオ企画」の取締役である。本名、高橋 美恵子(たかはし みえこ)、旧姓名、松本 美恵子(まつもと みえこ)[1]

こばやし あきこ
小林 亜紀子
本名 高橋 美恵子
生年月日 (1948-04-09) 1948年4月9日(71歳)
出生地 日本の旗 日本大阪市西区
職業 芸能プロモーター、元女優
配偶者 高橋英樹
著名な家族 高橋真麻(長女)
事務所 アイウエオ企画
主な作品
テレビドラマ
マドモアゼル通り
決めろ!フィニッシュ
『薩摩おごじょ』
テンプレートを表示

大阪市西区出身[1][2]神戸女学院大学音楽部声楽科卒業[2]

1970年代女優として活動し、代表作に『マドモアゼル通り』『決めろ!フィニッシュ』『薩摩おごじょ』など。

来歴・人物編集

実家は大阪市西区立売堀の機械金属商「松本恒商店」[2]。二人姉妹の長女[2]。幼い頃から、家族から自分は家業を継ぐものと決められていたということで、自分もそうなると信じ込んでいたという[2]

中学より神戸女学院に進み、1971年に神戸女学院大学を卒業する[1]

大学在学中の1969年に、宝塚映画の撮影所を見学中に東宝の関係者にスカウトされ[2]、クイズ番組のアシスタントなどで活躍[1][3]。父からは「大学をちゃんと卒業してから、3年間だけ」と言う条件で女優になることを許される[2]。それでも、3年後には家業を継いだ上で、大阪の実業界の男性とお見合い結婚するという路線が決められていたという[2]

1971年の大学卒業とともに上京し、東宝テレビ部に所属。同年のテレビドラマ『ぼてじゃこ物語』でデビュー[2][1]。当時の紹介記事では「これからは女優業に打ち込みます」と答えており、当時の趣味は、水泳ボウリングであった[1]

1973年TBSポーラテレビ小説『薩摩おごじょ』では、オーディションを経て主役に選出されている。『薩摩おごじょ』の撮影終了と同時に芸能界引退[4]

おらんだ左近事件帖』(フジテレビ)で共演した高橋英樹と1974年3月15日に結婚。3度の流産を乗り越え、1981年に一人娘・真麻を出産。結婚後はしばらくの間、芸能活動を控えていたが、後に夫婦や親子での共演で旅番組トーク番組への出演や、テレビ・雑誌等メディアのインタビューに応じるようになった。

出演編集

テレビドラマ編集

その他のテレビ番組編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『福島民報』1971年7月11日付朝刊、8面。
  2. ^ a b c d e f g h i 週刊平凡 1973年12月13日号 p.29 - 34 高橋英樹結婚関連の記事
  3. ^ 週刊文春 1972年11月27日号 グラビアページ
  4. ^ 週刊明星 1973年12月16日 p.35 - 39
  5. ^ 『河北新報』1970年6月28日付朝刊、9面。

外部リンク編集