小林 元(こばやし もと、1932年(昭和7年)9月14日 - 2015年(平成27年)7月3日)は、日本政治家参議院議員(2期)を務めた。

概要編集

茨城県水戸市出身。

1995年第17回参議院議員通常選挙で初当選。2007年第21回参議院議員通常選挙に出馬せず、政界を引退した。

2015年7月3日、心不全のため死去[1]。82歳没。

略歴編集

経歴編集

政歴編集

政治的主張編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集