メインメニューを開く

小林 史明(こばやし ふみあき、1974年12月10日 - )は、日本陸上競技選手。男子棒高跳の前日本記録保持者である。ベスト記録は5m71。

人物編集

三重県出身。鈴鹿市立白子中学校時代に全日本中学校陸上競技選手権大会2位に入っている。

三重県立宇治山田商業高等学校時代は、1年時に国民体育大会少年B優勝、3年時に全国高等学校総合体育大会5位と、中学に引き続き全国レベルでの活躍を続ける。

日本体育大学に進学し、3年時にインカレを制覇しユニバーシアード代表にも選出される。

その後1997年に5m61の日本新記録(当時)をマークする。

1999年に5m62と記録を伸ばすも、同年に横山学が5m63を記録し、日本記録ホルダーの肩書きを奪われる。

2002年に5m71をマークし、再び日本記録保持者に返り咲く。翌年現日本記録保持者の澤野大地が5m75を記録するが、2013年4月現在も小林の記録は澤野に次ぐ日本歴代2位に位置している。

現在は母校の日本体育大学准教授となり、陸上競技部で跳躍ブロックの指導にあたっている。