メインメニューを開く

小林 宏明(こばやし ひろあき、1946年9月28日 - )は翻訳家、エッセイスト。東京生まれ。本名・宏昭。

毎日放送(TBS系)の連続ラジオドラマ『ゴールデン・ボーイ長嶋物語』の主役一般公募に受かり、立教大学から読売巨人軍に入ったばかりの長嶋茂雄役を子役として2年ほど演じた[1]

明治大学文学部英文科卒。片岡義男と知り合い、アメリカ文化に興味をいだく[2]。大学在学中からロック関連の翻訳を手掛け、卒業後は「日本語版ローリング・ストーン」誌での記事翻訳、英語塾経営などを経て翻訳家となる。ポピュラー音楽関係書、推理小説、サスペンスなど英米娯楽小説、エッセイ、犯罪ノンフィクション、映画原作などを多く翻訳。銃についての著作もある。

著書編集

  • 『小林宏明のgun講座 ミステリーが語る銃の世界』エクスナレッジ 2002
  • 『小林宏明のgun講座 2』エクスナレッジ、2006
  • 『図説銃器用語事典』早川書房 2008
  • 『銃』学研パブリッシング 2010 歴群「図解」マスター
  • 『「カラー図解」銃のギモン100 映画・ドラマのgunアクションシーンがわかる!』学研パブリッシング 2011

翻訳編集

  • アンソニー・スカデュト『ボブ・ディラン』二見書房 1973
  • ジョーン・バエズ『夜明け』立風書房 1973
  • アンソニー・スカデュト『ミック・ジャガー』晶文社 1975
  • ジェローム・チャーリン『ショットガンを持つ男』番町書房 1977 イフ・ノベルズ
  • ジェローム・チャーリン『狙われた警視』番町書房 1977 イフ・ノベルズ
  • ジェローム・チャーリン『はぐれ刑事』番町書房 1977 イフ・ノベルズ
  • エイヴリー・コーマン『オー,ゴッド』サンリオ 1978
  • ロッド・マキューン『父よ…』片岡義男訳詩 パシフィカ 1978
  • パース・マーチバンク&マイルズ編『ロック・366 日々のエピソードが語るロック・カルチュア史』サンリオ 1978
  • シャロン・ローレンス『ロック・スター』パシフィカ 1978
  • エドウィン・トレス『Q&A』早川書房 1979 のち文庫 
  • ピート・ハミル『ボクサー ザッツ・エンタテインメント』パシフィカ 1979 のち河出文庫 
  • ジョン・グレゴリー・ダン『エンジェルズ・シティ』早川書房 1980
  • エイヴリー・コーマン『クレイマー・クレイマー』サンリオ 1980
  • ジョゼフ・ハンセン『トラブルメイカー』早川書房 1980 世界ミステリシリーズ
  • サミュエル・チャーターズ『ブルースの本』晶文社 1980
  • ホレス・マッコイ『明日に別れの接吻を』1981 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • イージーライダーズ誌編『あるチョッパーの死 イージーライダーズ傑作選』真崎義博共訳 二見書房 1981 サラ・ブックス
  • アルフレッド・ワートハイマー『エルヴィス、21歳 私はひとりの若者を撮った』草思社 1981
  • バート・ロング『黒い性愛』1981 富士見ロマン文庫
  • マイルズ編『ジョン・レノン語録 生と死の追憶』新興楽譜出版社 1981
  • リチャード・N.パタースン『ラスコの死角』早川書房 1981 のち文庫 
  • ドナルド・E・ウェストレーク『聖者に救いあれ』1982 角川文庫
  • マーティン・バーク『戦争ですよ』晶文社 1982
  • ボブ・ウォッフィンデン『ビートルズ・アパート ビートルズ解散からジョン・レノンの死まで』新興楽譜出版社 1982
  • デイヴ・マーシュ『明日なき暴走 ブルース・スプリングスティーン・ストーリー』CBS・ソニー出版、1983 のちソニーマガジンズ文庫 
  • レックス・バーンズ『コカイン・マウンテン 刑事ウェイジャーの事件簿2』角川書店 1983
  • ローリング・ストーン編『ジョンとヨーコ愛の詩』集英社 1983
  • ロバート・フリーマン『Yesterday ビートルズ写真集』早川書房 1984
  • リチャード・N.パタースン『アウトサイド・マン』1984 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • ピーター・ブラウン,スティーヴン・ゲインズ『ビートルズラヴ・ユー・メイク』早川書房 1984
  • ローレンス・ヤップ『マーク・トウェイン殺人事件』晶文社 1984 ヤング・アダルトY・A図書館
  • ジョーン・ワイルダー『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』1984 角川文庫
  • ハリー・グレイ,リー・ヘイズ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 夢と野望に燃えるアメリカ時代を描く超巨篇』二見書房 1984 サラ・ブックス
  • ハロルド・ロビンス『キサナドゥ』光文社 1985
  • ジョゼフ・ウォンボー『デルタ・スター刑事』早川書房 1985
  • ジェラルド・ペティヴィッチ『LA捜査線』1986 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • ジェイムズ・エルロイ『血まみれの月』1986 サンケイ文庫
  • マイルズ編『人間ジョン・レノン』シンコー・ミュージック 1986
  • エラリー・クイーン『Yの悲劇』(再話)1986 ポプラ社文庫
  • トマス・マクスウェル『キス・ミー・ワンス』1987 二見文庫 「口づけをもう一度」ハヤカワ文庫 
  • ジョゼフ・ウォンボー『ハリー・ブライトの秘密』早川書房 1987
  • ジェイムズ・エルロイ『ホプキンズの夜』1987 サンケイ文庫
  • ジョゼフ・ウォンボー『メキシコ国境の影』早川書房 1987
  • アーヴィング・ワインマン『警視シュワーツハンプトン・ビーチ殺人事件』1988 光文社文庫
  • ワインマン『警視シュワーツ名画殺人事件』1988 光文社文庫
  • ジョナサン・ライダー『灼熱の黄金郷』1988 角川文庫
  • スティーヴン・ゲインズ『ビーチ・ボーイズ リアル・ストーリー』菅野彰子共訳 早川書房 1988
  • マイク・コーガン『プレシディオの男たち』1988 二見文庫
  • ジョゼフ・ハンセン『放浪のリトル・ドッグ』早川書房 1988 デイヴ・ブランドステッター・シリーズ
  • ローレンス・ヤップ『少年殺人事件』晶文社 1989
  • ダニエル・イースターマン『熱砂に聖都を探せ』1989 二見文庫
  • ジョゼフ・ウォンボー『闇にいる悪魔 高校教師殺人事件』早川書房 1989
  • ジョエル・ブリンクリー『神に見放された土地』1990 二見文庫
  • デボラ・チール『48時間 パート2』1990 二見文庫
  • ジェイムズ・エルロイ『自殺の丘』1990 扶桑社ミステリー
  • ロナルド・ハーディ『チャイナ・ゲーム』1990 新潮文庫
  • ディック・ダナム『でぶはストライプを着ない』1990 光文社文庫
  • ジェローム・チャーリン『パラダイス・マンと女たち』1990 ミステリアス・プレス文庫
  • テリー・ゲイニー『エリックが消えた 幼児レイプ殺人鬼の履歴書』徳間書店 1991
  • リチャード・ナッサー『君を探してミッドナイト』1991 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • マックス・バード『暗殺』1992 二見文庫
  • ジャネット・マルカム『ジャーナリストと殺人者』白水社 1992
  • ロバート・バラード,トニー・チウ『ブライト・シャーク』1992 二見文庫
  • ダン・オブライエン『平原に狼を見たか』1992 新潮文庫
  • ロバート・タイン『ユニバーサル・ソルジャー』二見書房 1992
  • ジェフ・ロヴィン『クリフハンガー』1993 二見文庫 
  • ジュディス・スペンサー『ジェニーのなかの400人』早川書房 1993 のち文庫 
  • サム・リーヴズ『長く冷たい秋』1993 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • アーヴィング・ワインマン『ヴァージルの幽霊 警視シュワーツ』1993 光文社文庫
  • ロバート・タイン『フォーエヴァー・ヤング』二見書房 1993
  • サム・リーヴズ『雨のやまない夜』1994 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • ジェイムズ・パタースン『多重人格殺人者』1994 新潮文庫
  • スティーヴン・ソロミタ『マンハッタン・ダークサイド』1994 新潮文庫
  • マックス・アプル『ルームメイツ』ソニー・マガジンズ 1994
  • ジェイムズ・エルロイ『LAコンフィデンシャル』文芸春秋 1995 のち文庫 
  • デイヴィッド・フィッシャー『証拠は語る FBI犯罪科学捜査官のファイルより』ソニー・マガジンズ 1995
  • ロバート・D・ヘア『診断名サイコパス 身近にひそむ異常人格者たち』早川書房 1995 のち文庫 
  • ジェローム・チャーリン編『ニュー・ミステリ ジャンルを越えた世界の作家42人』共訳 早川書房 1995
  • サム・リーヴズ『春までの深い闇』1995 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • ライオネル・ダーマー『息子ジェフリー・ダーマーとの日々』早川書房 1995
  • ケン・リッパー『訣別の街』1996 二見文庫
  • ジョゼフ・ウォンボー『ゴールデン・オレンジ』早川書房 1996
  • サム・リーヴズ『過ぎゆく夏の別れ』1996 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • ジェイムズ・パタースン『キス・ザ・ガールズ』1997 新潮文庫
  • クリストファー・ニューマン著 ケヴィン・ジャール原作『デビル』ソニー・マガジンズ 1997
  • ジェイムズ・エルロイ『キラー・オン・ザ・ロード』1998 扶桑社ミステリー
  • ジェイムズ・パタースン『殺人カップル』1998 新潮文庫
  • クレイグ・トーマス『ディファレント・ウォー』1998 小学館文庫
  • R.J.ピネイロ『暴露』1998 二見文庫
  • エヴァン・ハンター『秘匿特権』1998 講談社文庫
  • ラッセル・ヴォーパゲル,ジョセフ・ハリントン『FBI殺人教室』アスペクト 1999
  • マーティン・ソリー『イタリア人のまっかなホント』マクミランランゲージハウス 1999
  • ジョナサン・ライス,嘉治佐保子,浜矩子『日本人のまっかなホント』マクミランランゲージハウス 1999
  • エドワード・バンカー『アニマル・ファクトリー』ソニー・マガジンズ 2000
  • ジェイムズ・パタースン『かくれんぼ』2000 新潮文庫
  • リー・チャイルド『キリング・フロアー』2000 講談社文庫 新装版 2012
  • アン・フーパー『グレートセックス』無名舎 2000
  • マーティン・オブラー,トマス・クラヴィン『オブラー博士の危険な患者 サイコパスに狙われた精神科医の手記』早川書房 2001
  • ラルフ・"サニー"・バージャー,キース&ケント・ツィンママン『ヘルズ・エンジェル サニー・バージャーとヘルズ・エンジェルズ・モーターサイクル・クラブの時代』無名舎 2001
  • モー・ヘイダー『死を啼く鳥』2002 ハルキ文庫
  • デイヴィッド・フィッシャー『証拠は語るFBI犯罪科学研究所のすべて』ソニー・マガジンズ 2002 ヴィレッジブックス
  • ダン・シモンズ『諜報指揮官ヘミングウェイ』2002 扶桑社ミステリー
  • アントワン・フィッシャー『きみの帰る場所』ソニー・マガジンズ 2003 ヴィレッジブックス
  • マーカス・スティーヴンズ『樹海脱出』2003 二見文庫
  • モー・ヘイダー『悪鬼の檻』2003 ハルキ文庫
  • リー・チャイルド『反撃』2003 講談社文庫
  • エース・アトキンス『ディープサウス・ブルース』2004 小学館文庫
  • デイヴィッド・コーベット『悪魔の赤毛』2005 新潮文庫
  • ジェームズ・パターソン『闇に薔薇』2005 講談社文庫
  • リー・チャイルド『警鐘』2006 講談社文庫
  • ウィリアム・クウィーン『潜入捜査官 全米一凶悪なバイカーになりきった830日間』ヴィレッジブックス 2007
  • ジェームズ・パターソン『血と薔薇』2007 講談社文庫
  • ジョゼフ・ウォンボー『ハリウッド警察25時』早川書房、2007 ハヤカワ・ミステリ
  • レイモンド・チャンドラー『レイディ・イン・ザ・レイク』共訳、2007 ハヤカワ・ミステリ文庫
  • 『銃の基礎知識 銃の見方から歴史、構造、弾道学まで』全米ライフル協会監修 学習研究社、2008
  • ラリー・カハナー『AK-47世界を変えた銃』学習研究社 2009
  • リー・チャイルド『前夜』2009 講談社文庫
  • ジョゼフ・ウォンボー『ハリウッド警察特務隊』早川書房、2009
  • オットー・ペンズラー編『ヒーローの作り方 ミステリ作家21人が明かす人気キャラクター誕生秘話』共訳 早川書房 2010

脚注編集

参考編集

  • 『文藝年鑑2011』新潮社

外部リンク編集