メインメニューを開く

小林 幹司(こばやし かんじ、1934年4月3日 - 2016年1月29日[1])は、日本実業家日本生命保険元副会長・顧問。

経歴編集

京都大学法学部卒業後、1958年に日本生命保険へ入社。1988年に常務取締役、1993年に専務取締役、1997年に副会長をそれぞれ歴任。

朝日放送[2]取締役(弘世現の死去後)、三和銀行監査役(後のUFJホールディングス監査役)、アステラス製薬監査役などの社外取締役・監査役を務めるほか、関西経済同友会代表幹事(1998年度)、2001年7月から2005年3月まで大阪商工会議所副会頭、ニッセイ財団理事長もそれぞれ務めた。

関連項目編集

脚注編集