小林政広

日本の映画監督、脚本家 (1954-2022)

小林 政広(こばやし まさひろ、1954年昭和29年〉1月6日 - 2022年令和4年〉8月20日[1])は、日本映画監督脚本家。映画製作会社モンキータウンプロダクション代表。

こばやし まさひろ
小林 政広
別名義 林ヒロシ、小林宏一
生年月日 (1954-01-06) 1954年1月6日
没年月日 (2022-08-20) 2022年8月20日(68歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都文京区
死没地 日本の旗 日本東京都
血液型 B型
職業 映画監督脚本家
公式サイト モンキータウンプロダクション
主な作品
バッシング
愛の予感
春との旅
海辺のリア
 
受賞
ロカルノ国際映画祭
金豹賞(グランプリ)
2007年愛の予感
特別賞
2003年女理髪師の恋
東京フィルメックス
最優秀作品賞
2005年バッシング
毎日映画コンクール
日本映画優秀賞
2010年春との旅
高崎映画祭
最優秀監督賞
2018年海辺のリア
その他は受賞歴を参照
テンプレートを表示

1970年代頃は高田渡に師事し、林ヒロシという名でフォークシンガーをしており、脚本家時代には小林宏一名義での作品もある。

来歴

編集

東京都文京区本郷生まれ。学習院高等科卒。

痛快!婦警候補生やるっきゃないモン!』などのテレビの脚本家を経て1980年代後半からピンク映画の脚本を執筆。サトウトシキ監督らと組んで数々の話題作を生み出し、名脚本家として名を高めた。並行して『これでいいのだ』『おごるな上司!』などのNHKドラマ脚本も多数執筆している。

1996年平成8年)に「CLOSING TIME」で映画監督としてデビューし、映画製作会社モンキータウンプロダクション設立。

1999年(平成11年)の『海賊版=BOOTLEG FILM』、2000年(平成12年)の『KOROSHI/殺し』、2001年(平成13年)の『歩く、人』と3年連続でカンヌ国際映画祭に出品。

イラクで起きた日本人人質事件に着想を得た2005年(平成17年)の作品『バッシング』はカンヌ国際映画祭コンペティション部門出品後、東京フィルメックスで最高賞を、テヘラン・ファジル国際映画祭では審査員特別賞を受賞。

2007年(平成19年)の第60回ロカルノ国際映画祭(スイス)においては、監督・脚本・主演を務めた『愛の予感』が最高賞の金豹賞はじめ4賞同時受賞の快挙を果たす。

2008年以降ロッテルダム国際映画祭、ブエノスアイレス映画祭、リオデジャネイロ映画祭、ノルウェーシネマテークで彼の特集上映が行なわれるなど特に海外での評価が高い。

2010年(平成22年)淡島千景の最後の出演作となった『春との旅』では、毎日映画コンクール日本映画優秀賞はじめ、フランスでの観客賞、スペインでの最優秀監督賞ほか国内外で賞を獲得。第60回ロカルノ国際映画祭、第24回東京国際映画祭、第13回全州国際映画祭ではコンペティション部門の審査委員も務めた。

2013年(平成25年)には年金不正受給問題に驚愕し、自らの遺書を書くように脚本を生み出したと語った、仲代達矢主演の『日本の悲劇』が公開。同年、韓国 全州国際映画祭の名物企画でもあるJeonju Digital Project(三人三色)による短編作品『逢う時は他人』を発表。

2015年(平成27年)にはスウェーデンの劇作家ストリンドベリが1901年に発表した戯曲『死の舞踏』で、仲代達矢、益岡徹白石加代子と試行錯誤しながらも、朗読劇の演出にも初挑戦。

2016年(平成28年)には仲代達矢を主演に迎えた三作目となる『海辺のリア』を完成させる。2017年(平成29年)6月3日公開。

これまでに発表した映画作品のほとんどが彼のオリジナル企画であり、脚本、プロデュースも務めている。15歳の時、フランソワ・トリュフォー監督のカンヌ映画祭 監督賞受賞作『大人は判ってくれない』(1959)に衝撃を受け映画監督になることを決意した。

2022年(令和4年)8月20日、横行結腸がんのため、東京都内の自宅で死去[1][2]。68歳没。

監督作品

編集

脚本作品

編集

映画

編集
  • 『名前のない黄色い猿たち』(1982) 第8回 城戸賞受賞作品(未映画化)
  • 『獣』(1988)          (監督:サトウトシキ)
  • 『鍵のある風景』(1988)     (監督:サトウトシキ)
  • 『おいしい水の作り方』(1989)  (監督:サトウトシキ)
  • 『禁止区域』(1989)       (監督:サトウトシキ)
  • 『異常者たちの夜』(1990)     (監督:サトウトシキ)
  • 『古川敏夫の遅く来た青春』(1991)(監督:サトウトシキ)
  • 『単純な話』(1992)       (監督:サトウトシキ)
  • 『投稿ビデオ』(1992)      (監督:サトウトシキ)
  • 『ナオミ』(1993)        (監督:サトウトシキ)
  • 『タンデム』(1994)       (監督:サトウトシキ)
  • 『河原崎家の一族』(1995)    (監督:サトウトシキ)
  • 『キリング・エンジェル 夢犯』(1995)(監督:金澤克次
  • 『ルナティック』(1995)     (監督:サトウトシキ)
  • 『ロマンティックマニア』(1996) (監督:サトウトシキ)脚本協力
  • 『不倫日記』(1996)       (監督:サトウトシキ)
  • 『奥さまはゆうれい』(1996)   (監督:サトウトシキ)
  • 『夢の後始末』(1996)      (監督:サトウトシキ)
  • 『団地妻』(1997)        (監督:サトウトシキ)
  • 『赤い犯行』(1997)       (監督:上野俊哉
  • 『白衣いんらん日記』(1997)   (監督:女池充
  • 『迷い猫』(1998)        (監督:サトウトシキ)
  • 『空色のクレヨン』(1998)    (監督:上野俊哉)
  • 『今宵かぎりは… 』(1999)    (監督:サトウトシキ)
  • 『涙くんさよなら』(1999)    (監督:サトウトシキ)
  • 『空色のクレヨン2』(1999)   (監督:上野俊哉)
  • 『みちのく温泉逃避行』(1999)  (監督:サトウトシキ)
  • 『団地妻不倫でラブラブ』(2000) (監督:サトウトシキ)
  • 『一週間』(2000)        (監督:小林政広)
  • 『兄嫁エピソードI』(2000)    (監督:上野俊哉)
  • 『青空』(2000)         (監督:サトウトシキ)
  • 『新・兄嫁』(2001)       (監督:上野俊哉)
  • 『団地の奥さん同窓会へ行く』(2004)(監督:サトウトシキ)
  • 『でらしね』(2004)       (監督:中原俊
  • 帰郷』 (2020)         (監督:杉田成道

舞台

編集

テレビ

編集

受賞歴

編集

『CLOSING TIME』

『海賊版=BOOTLEG FILM』

『KOROSHI/殺し』

  • 2000年 第53回カンヌ国際映画祭 「監督週間」正式出品作品

歩く、人

  • 2001年 第54回カンヌ国際映画祭 「ある視点部門」正式出品作品

『女理髪師の恋』

バッシング

愛の予感

  • 2007年 第60回ロカルノ国際映画祭 金豹賞(グランプリ)/国際芸術映画評論連盟賞/ヤング審査員賞/ダニエル・シュミット賞

『ワカラナイ』

  • 2009年 第62回ロカルノ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品

『春との旅』

『ギリギリの女たち』

  • 2011年 第24回東京国際映画祭 特別上映「震災を越えて」出品作品
  • 第41回ロッテルダム国際映画祭 正式出品作品
  • 第31回全州(チョンジュ)国際映画祭 正式出品作品
  • 第7回大阪アジアン映画祭 正式出品作品

『日本の悲劇』

  • 2013年 バンガロール国際映画祭 栄誉賞/ウズール国際映画祭 審査員特別賞

『海辺のリア』

  • 2018年 高崎映画祭 最優秀監督賞/最優秀主演男優賞/最優秀助演女優賞

書籍

編集

脚注

編集
  1. ^ a b 小林政広氏 68歳(こばやし・まさひろ = 映画監督)」『読売新聞読売新聞社、2022年9月7日、北海道朝刊、28面。2022年9月7日閲覧。
  2. ^ 映画監督 小林政広さん死去「愛の予感」などで高い評価」『NHK NEWS WEB』、2022年9月7日。2022年9月7日閲覧。
  3. ^ KOROSHI 殺し - 映画チラシサイト

外部リンク

編集