メインメニューを開く

小林 正(こばやし ただし、1911年8月21日 - 1975年3月30日)は、フランス文学・比較文学者、東京大学名誉教授。

満州旅順出身。東京帝国大学仏文科卒、1942年東京外国語学校教授、1954年東京大学仏文科助教授。スタンダールが専門で、1962年「『赤と黒』成立過程の研究」で文学博士。1963年教授、また比較文学講座でも授業を担当し、文学部の西洋近代語近代文学専攻の創設に尽力した。1972年定年退官し名誉教授、同年より成城大学教授。日本比較文学会理事、東京日仏会館常務理事などを歴任、レジオン・ドヌール勲章を授与された。

著書編集

  • 自我を索めて 進路社, 1947
  • スタンダールとその恋人たち 今日社, 1949
  • 比較文学入門 東京大学出版部, 1951
  • 悪妻と賢妻 フランス三つの恋物語 朝日新聞社, 1954 (朝日文化手帖)
  • テーブル式フランス語便覧 評論社, 1957
  • 初級フランス文撰 第三書房, 1960
  • テーブル式基礎フランス語便覧 評論社, 1961
  • フランス語の話し方 大修館書店, 1962
  • 「赤と黒」成立過程の研究 白水社, 1962
  • 話されるフランス語 入門文法篇 第三書房, 1962
  • 話されるフランス語 続 第三書房, 1962
  • 話されるフランス語 練習問題篇 田島宏共著 第三書房, 1963
  • フランス語のすすめ 講談社現代新書, 1964

翻訳編集