小林祐梨子(こばやし ゆりこ、結婚後の本名:坂田祐梨子[1]1988年12月12日 - )は、兵庫県小野市出身の元女子陸上競技選手(中距離走長距離走)。小野市立旭丘中学校須磨学園高等学校卒。

小林祐梨子 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム こばやし ゆりこ
ラテン文字 Yuriko Kobayashi
国籍 日本の旗 日本
種目 中距離走長距離走
生年月日 (1988-12-12) 1988年12月12日(31歳)
生誕地 兵庫県小野市
身長 163cm
体重 46kg
自己ベスト
800m 2分05秒78 (2006年)
1500m 4分07秒86 (2006年) 日本記録
3000m 8分52秒33 (2008年)
5000m 15分05秒37 (2008年)
10000m 31分51秒91 (2012年)
 
獲得メダル
日本の旗 日本
アジア競技大会
2006 ドーハ 1500m
アジア陸上競技選手権大会
2005 仁川 1500m
世界ユース陸上競技選手権大会
2005 マラケシュ 1500m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

略歴編集

  • 1988年 - 三きょうだいの末っ子(次女)として小野市で誕生。
  • 2004年3月 - 旭丘中学校卒。
  • 2006年 - 1500mで日本新記録を樹立。
  • 2007年3月 - 須磨学園高等学校卒。
  • 2007年4月 - 豊田自動織機入社・女子陸上部へ入部。
  • 2008年6月 - 北京オリンピック日本女子代表選出を決める。
  • 2008年8月 - 北京オリンピック5000mに出場(予選敗退)。
  • 2009年8月 - 世界選手権5000mに出場(決勝進出)。
  • 2015年1月 - 同年度限りで陸上競技選手の現役引退を表明。
  • 2016年3月 - 造園業を営む男性と結婚を発表[2]
  • 2017年5月 - 第一子男児を出産[3]。出産直後の模様が、『かんさい情報ネットten.』(読売テレビ)のエンディングコーナー「めばえ」で放送された。
  • 2017年10月 - ABCラジオのナイターオフ番組『伊藤史隆のラジオノオト』で、木曜日のパートナーに就任。
  • 2017年11月 - 大会ゲストランナーとして、神戸マラソン2017を完走。
  • 2018年4月 - サンテレビの生放送番組『情報スタジアム 4時!キャッチ』で、月曜日のコメンテーターに就任。
  • 2020年4月 - MBSテレビの生放送番組『ちちんぷいぷい』で、水曜日のレギュラーパネラーに起用。

経歴・人物編集

須磨学園高等学校在学中の2005年世界ユース選手権に出場し1500mで銀メダルを獲得。さらにアジア選手権にはシニア代表として出場、1500mで銅メダルを獲得した。また同年、スーパー陸上では1500mの高校新記録を樹立、直後には3000mの高校記録も更新した(記録は8分52秒33)。

2006年度には、IAAFグランプリ大阪大会にて1500mで杉森美保の持つ4分09秒30の日本記録を超える4分07秒86の日本新記録をマークして、翌年の世界選手権参加B標準記録を突破。世界ジュニア選手権では1500mで銅メダルを獲得。同年のドーハアジア大会にも出場し、4分14秒96の2位に入り銀メダルに輝いている。

同年12月の全国高校駅伝では2区で20人抜き、区間新記録、3年連続区間賞を達成。同校の3年ぶり2度目の優勝の原動力となった。なお本人曰く、2016年8月の手記にて、自身の陸上生活の最高の思い出はこの高校駅伝の優勝であると述べており、理由として、チームの心が一つになって優勝できたことがとても嬉しかったとの趣旨のことを述べている[4]。高校の陸上部の仲間は「何でも話せる関係」とのことであり、引退を決意する際も相談したと述べている[4]

2007年4月豊田自動織機へ入社。社内留学制度を活用して岡山大学マッチングプログラムコースへ入学。社会人選手として実業団登録を申請するが、「勤務実態がない」などの規則を理由に却下されたため、日本スポーツ仲裁機構に調停申請を行ったが認められず、大学に通学していた4年間は、学連主催のレースにも、実業団連盟主催のレースにも出場できなかった。

2008年6月29日、第92回日本陸上選手権5000mに出場、福士加代子渋井陽子赤羽有紀子といった有力選手を向こうに回し、決勝レースで15分11秒97のタイムで走り抜き、堂々の優勝を飾った。この結果、小林は既に金栗四三杯長距離記録会に於いてA標準記録を突破していたため、この種目での北京オリンピック・日本女子代表へ初選出を決めた。8月19日の北京オリンピック・女子5000m予選に出場し、日本3選手でトップ記録の15分15秒87で、組7着に入ったものの(6着以内に入れば自動的に決勝レース進出決定だった)、わずか0秒75のタイム差で惜しくも予選敗退に終わった。

2009年1月11日、第27回全国都道府県対抗女子駅伝兵庫県代表として2区 (4.0 km) を走り20人抜きの快走で区間新記録をマークした[5]6月27日、第93回日本選手権の5000mに出場。昨年に引き続き2連覇を目指すも、決勝レースでは中村友梨香に優勝をさらわれ、15分26秒84の3位に終わったが、この種目での世界陸上ベルリン大会出場を果たした。8月19日の世界陸上ベルリン大会・女子5000m予選では、15分21秒01の13位ながらもタイム順で拾われ決勝進出。そして3日後の8月22日の同大会女子5000m決勝レースに出走したが15分12秒44で11位、惜しくも8位入賞には届かなかった(中村友梨香は決勝12位)。

2012年6月10日、第96回日本陸上選手権5000mに出場したが4位に終わり、五輪2大会連続となるロンドンオリンピック・日本女子代表選出はならなかった[6]

その後は座骨神経痛に悩まされ、2014年12月14日全日本実業団対抗女子駅伝へ、豊田自動織機チームで6区・アンカーを務めるも区間8位・総合4位と振るわなかった[7]。翌2015年1月20日、度重なる故障等の理由により、この年限りで陸上競技選手からの現役引退を表明した。

同郷(兵庫県出身)で学生時代に長距離走の選手(兵庫県立西脇工業高等学校の男子陸上部員)だった造園業の男性と、引退後に結婚。2017年に1児(長男)を授かった。結婚相手の男性(夫)は、中学2年時に兵庫県代表の選手として、小林と共に全国大会に出場。女子1,500m走のレースの直前に小林を激励したことがきっかけで、大会の直後から14年間にわたって交際を続けた末に結婚へ至った。小林によれば、兄・姉・夫の誕生月と誕生日には、自身と同じく1と2の数字しか入っていないという。

結婚後は、夫の出身地である兵庫県加古川市内2016年から居住している縁で、同市から「加古川観光大使」を委嘱[8]。元々は教員志望で、高校の教員免許(数学)を実際に保持していることから、第1子出産後の2017年からは播磨学園(加古川市内にある少年院)の教育課程で隔週(当初は毎週)水曜日に算数を教えている[9]

現在は、育児と並行しながら、旧姓の「小林」名義でスポーツコメンテーターや駅伝中継の解説者としても活動。各地のマラソン大会や、多数の芸能人が参加する在阪テレビ局制作番組の競走企画(『吉本陸上競技会』『関西駅伝No.1決定戦』など)にゲストランナーとして招かれているほか、講演活動などにも取り組んでいる[10]2016年2月28日には、地元兵庫県(姫路市発着)の「第2回世界遺産姫路城マラソン」でフルマラソンに初挑戦。3時間29分45秒(グロスタイム)で完走を果たした[11]。その一方で、居住地の加古川市が靴下の一大産地でもあることから、地元メーカーのユニバルと共同で「韋駄天」(スポーツやウォーキングに適した特許製法のソックスやサポーター)を開発。2018年には、スイスホテル南海大阪で提供される期間限定メニュー「スポーツランチ」を監修している[12]

2017年度の下半期に『伊藤史隆のラジオノオト』へのレギュラー出演を始めたきっかけは、人柄や現役時代の活躍を知る伊藤史隆朝日放送テレビのスポーツアナウンサー)の強い希望による。出演を始めてからは、播州弁(出身地である播磨地方方言)を交えながら、「マシンガントーク」「足より口が動いている」と称されるほど雄弁な一面を存分に披露。中・長距離走やフルマラソンの有力選手・指導者に関するエピソードに加えて、陸上競技以外の話題でも、1児の母親の立場から積極的に発言している。2018年度から『4時!キャッチ』でレギュラーコメンテーター、2020年2月から毎日放送の情報番組(『ちちんぷいぷい』や後枠の『ミント!』)でスタジオパネラーに招かれるなど、陸上競技関連以外のテレビ番組へ出演する機会も相次いでいる。

なお、2020年東京オリンピック聖火リレーが日本国内で実施された場合には、5月下旬に兵庫県内のリレー区間で聖火ランナーを務める予定だった[13](実際には同年の初頭から日本国内で新型コロナウイルスへの感染が広がっている影響で聖火リレーを中止)。

自己記録編集

  • 800m - 2分05秒78 
  • 1500m - 4分07秒86(日本記録)
  • 3000m - 8分52秒33(高校記録)
  • 5000m - 15分05秒37

現役引退後の主な出演番組編集

テレビ編集

ラジオ編集

  • 伊藤史隆のラジオノオトシリーズ(朝日放送ラジオ) - 木曜パートナー
  • 桑原征平粋も甘いも「粋甘流☆美女と野獣NEO」(朝日放送ラジオ、2020年4月…同月のお題「『は・な・み』であいうえお作文」にて、最初の段に当たる言葉「花見行き」の読み上げを担当)

関連項目編集

  • 日本陸上競技選手権大会の記録一覧
  • 寺田明日香 - 女子100メートルハードルの選手で、学生時代から小林と親しく交流。ハードル競技からの一時引退・結婚・出産・7人制女子ラグビーへの挑戦を経て競技生活を再開してからは、『伊藤史隆のラジオノオト』でたびたび対談している。
  • 田中希実 (陸上選手) - 小林と同郷(小野市出身)の中・長距離走選手で、小林の夫と同じく西脇工業高校を卒業。小林の現役時代と同様に、大学(同志社大学)へ通いながら豊田自動織機へ所属していて、世界陸上への出場も経験している。小林とは中学生時代から面識があって、2019年には『ラジオノオト』の生放送中にスタジオで対談。
  • 増田明美 - 小林と同様に多弁で、小林の現役時代には、小林の走り方を「ゴムまりのように走る」と評していた。当時から親交が深く、現役からの引退後も、陸上競技の中継や関連番組でたびたび共演。
  • 森脇健児 - 小林の現役引退後に番組で共演する機会が多く、『関西駅伝No.1決定戦』では、自身が率いる「松竹芸能チーム」に2018年から小林が「助っ人」として参加。自身が2019年の春に『オールスター感謝祭』(TBSテレビ)の「赤坂ミニマラソン」へ参加した際には、「ゴムまりのように走る」という増田の表現を拝借した。
  • 7代目笑福亭松喬 - 小林と同じく、『ラジオノオト』の初年度(2017年度)から水曜日のパートナーとしてレギュラー出演。高座の経験が豊富な落語家でありながら、小林の「マシンガントーク」を畏怖している。また師匠の6代目松喬が小林と同じ小野市出身[14]

脚注編集

  1. ^ 『伊藤史隆のラジオノオト』2020年3月19日放送分にて公表(同日、小林が「私はアホ」というメールテーマを設定したことにちなんで。『かんさい情報ネットten.』の「めばえ」出演時も公表していた可能性あり)。
  2. ^ 小林祐梨子さんが結婚 陸上北京五輪代表 - 神戸新聞 2016年3月26日
  3. ^ [1] - 小林祐梨子 OFFICIAL WEB SITE BLOG 「ご報告」 2017年5月25日
  4. ^ a b 朝日新聞』、2016年8月12日付朝刊
  5. ^ 29人抜きは第25回大会の湯田友美と並んで女子駅伝ごぼう抜き最多タイ記録。
  6. ^ 第96回日本陸上競技選手権大会 女子5000m決勝
  7. ^ クイーンズ駅伝2014・LIVE速報(TBSテレビ)
  8. ^ 加古川観光大使
  9. ^ 小野で更生保護大会 元五輪代表小林さんが講演(『神戸新聞』2017年11月9日付記事)
  10. ^ 文化放送「千葉真子 BEST SMILE ランニングクラブ」(2016年6月14日)
  11. ^ 小林祐梨子さん、沿道の応援に涙 姫路城マラソン(『神戸新聞』2016年2月28日付記事)
  12. ^ スイスホテル南海大阪、オリンピアン小林祐梨子監修のスポーツランチを販売(『観光経済新聞』2018年10月21日付記事)
  13. ^ 2020年東京オリンピックの聖火リレー(小林祐梨子OFFICIAL BLOG「今日もぼちぼちいこか~」2019年12月17日付記事)
  14. ^ 2020年3月に7代目が同市内在住である6代目の次兄の元へ遺品(6代目作の絵画や陶器)を収めに行った際、7代目が『A-Studio』(TBSテレビ)を真似て小林の実家をサプライズ訪問することを思いつき、6代目の次兄が下見を買って出たところ、小林の父親とばったり出会って会話が弾んだという。しかし肝心の7代目訪問時は小林の実家が留守だったので、ポストにABCラジオのタイムテーブルや7代目の手ぬぐい、そして手紙などを投函した(『ラジオノオト』2020年3月11日放送分「笑福亭松喬の一笑懸命」より)。

外部リンク編集