小林 禎作(こばやし ていさく、1925年10月22日 - 1987年3月8日)は、日本物理学者学者。

神奈川県鎌倉市生まれ。旧制浦和高等学校卒。1948年北海道帝国大学理学部卒業。北海道江別高等学校教諭。1949年8月、北海道大学低温科学研究所助手、1963年に助教授1980年に教授、物理学部門主任。

雪の結晶についての実験研究に取り組み、中谷宇吉郎が示した雪の結晶の形状と温度湿度に関する「中谷ダイアグラム」を拡張、精緻化した「中谷—小林ダイアグラム」を開発し、1960年に日本気象学会賞を受賞した。

著書編集

編纂編集

  • 土井利位『雪華図説・続雪華図説』築地書館 1968

参考文献編集

  • 黒田登志雄「小林禎作先生の御逝去を悼む (PDF) 」 『日本結晶成長学会誌』、日本結晶成長学会、1987年4月25日、2012年12月26日閲覧。 NAID 110002713386
  • 鈴木義男「小林禎作教授の死をいたむ (PDF) 」 『低温科學 物理篇』、北海道大学、1988年3月10日、2012年12月26日閲覧。

関連人物編集