メインメニューを開く

小林 稔(こばやし みのる、1908年明治41年) - 2001年平成13年))は、日本の理論物理学者。京都大学名誉教授。日本で最初のノーベル賞受賞者、湯川秀樹博士の中間子論建設に協力する。

1949年(昭和24)年11月3日深夜、新聞社からの電話で湯川秀樹のノーベル賞受賞の報に接した京都大学総長鳥養利三郎は、すぐに大学として記念事業を行うことを思い立った。この事業について、京都大学物理学教授荒勝文策と共に京都大学基礎物理学研究所の構想を立ち上げ設置した[1]

出典編集