小林 義明(こばやし よしあき、1936年9月8日[1] - )は、日本の元映画監督プロデューサー。主に特撮テレビドラマ作品を手がける[1]東映に所属していた[1]。株式会社自由メディア代表[2]

経歴編集

1952年 東京教育大学附属中学校(現・筑波大学附属中学校)卒業。1955年 東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)卒業。1960年 日本大学藝術学部を卒業後、東映東京撮影所に入社[1][2]

佐伯清に師事し、社員監督の立場で数々の作品に携わる。最初に助監督としてついた作品は片岡千恵蔵主演の『二発目は地獄行きだぜ』(1960年1月27日公開)[3]、デビュー作品は1966年のテレビドラマ『刑事さん』[1][2]。その後、労働組合の幹部になったことから2年ほど労働を禁じられていたが、労使交渉により復帰し、吉川進プロデューサーの招きにより、1978年の『スパイダーマン』より特撮作品の演出に進出[4][2]。1980年頃から宇宙刑事シリーズ仮面ライダーシリーズなど子供向けドラマ作品に多く携わった[1][2]。また下記監督作品以外でも『Gメン'75』、『特捜最前線』などの作品でのオープニング演出も有名。脚本の方も「林強生」という名義で執筆していた事があった[4]

1987年より東映テレビ事業部第2制作部制作『おもいっきり探偵団 覇悪怒組』のプロデュースを担当[2]東映不思議コメディーシリーズラストの『有言実行三姉妹シュシュトリアン』まで全作品において企画に携わった。その傍ら数々の作品で監督業も継続的に行った。

1996年スーパー戦隊シリーズ激走戦隊カーレンジャー』のパイロット(1・2話)を演出後、東映を定年退職[4]。2012年4月3日、仲間とともに株式会社自由メディアを設立、インターネットで番組中継の仕事に従事している[5]

人物・評価編集

  • 最初は脚本家志望で、大学では脚本コースを選び、脚本家・菊島隆三の講義に出席するなどしていた[3]
  • 『刑事さん』でのデビューは、本来監督を務める予定であった村山新治がクランクイン直前に胆石で倒れ降板し、村山のもとで助監督を務めていた小林が抜擢されたものであった[2]
  • 電子戦隊デンジマン』に出演した小泉あきららは、監督の中でいちばん怖かったのが小林であったと回想している[6]
  • 『太陽戦隊サンバルカン』は当初参加する予定はなかったが、メイン監督の竹本弘一が体調不良により降板し、急遽吉川に要請され参加することとなった[2]
  • ロボット8ちゃん』では初のパイロット監督を任されたが、シナリオ制作段階で脚本家の大原清秀に「8ちゃんをばらばらに壊そうとする悪役を出したらどうだろう?」と提案し、バラバラマン(斉藤晴彦)というキャラクターが誕生している。しかし後に試写の段階でこのことが知れて、「8ちゃんを壊すキャラクターなんてとんでもない、玩具が売れなくなるじゃないか!」とスポンサーの逆鱗に触れ、大原とともに第1話のみで降ろされた[7]
  • 監督の田中秀夫宇宙刑事シリーズでの小林の仕事について、「彼はすごいものを撮るからね。その分お金もかかるけど(笑)。でもあれは彼(小林)の粘り勝ちという気もするね。すごく徹夜もするから」と2004年にインタビューで語っていた[要文献特定詳細情報]
  • 宇宙刑事シリーズなどの多数の作品で組んだ脚本家の上原正三は、小林を「日本のジョン・カーペンター」と称し敬愛していると語る[8]
  • 不思議コメディシリーズで仕事をともにした脚本家の浦沢義雄に絶対的な信頼を置き、彼を「天才詩人」と後に評している[7]。小林は、制作予算総額5億円をかけたとされる『大予言/復活の巨神』の脚本を直接浦沢に依頼した。しかし、浦沢が書き下ろした『大予言』のシナリオは小林によると「各方面からいろいろと意見が出た」ため、浦沢は降板。脚本は江連卓が代わりに担当した。因みに小林は、その浦沢のシナリオを気に入っており、申し訳なく思っているという[9]
  • 脚本家の江連卓とは、『おもいっきり探偵団 覇悪怒組』『仮面ライダーBLACK RX』『大魔神 復活の巨神』などの作品で組んだ。江連は、「(小林とは)今でもときどき会いますから、本当に長い付き合いです(笑)」と語っている[10]。小林は、江連脚本には「教育的な味」があり、そこが魅力だと語っている[7]
  • 『宇宙刑事ギャバン』で初めて出会った撮影の松村文雄は、小林によく可愛がってもらったという。もともとは佐伯孚治監督が小林に、「よくやってくれるキャメラマンがいる」と言ったのがふたりが組むきっかけであったようで、松村は「人のつながり」に感謝したとのこと[11]。後に『仮面ライダーBLACK』の撮影監督の要請を受けた松村は、ライダーシリーズ初参加の小林が監督すると聞かされて、当時携わっていた『あぶない刑事』を途中降板して『BLACK』に加わっている[12]
  • 激走戦隊カーレンジャー』のプロデューサーを務めた寺成紀はベテランスタッフを障壁と感じていたため、パイロット監督の小林とも距離をおき、小林の固定観念的な意見にも疑問を抱いていたが、後年になり小林は子供番組として必要最低限の要素を経験に基づいて提案していたのだということに思い至ったという[13]
  • 『カーレンジャー』に出演した岸祐二は、小林についてとても厳しい人だと感じたことを述懐している[14]

作品編集

監督作品編集

テレビドラマ編集

テレビドキュメンタリー編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

  • 妖怪奇伝ゲゲゲの鬼太郎 魔笛エロイムエッサイム(1987年)
  • 大予言 復活の巨神(1992年)

脚本編集

テレビ編集

プロデュース作品編集

テレビ編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ デビュー作品。
  2. ^ a b c d e f g h i j パイロット担当作品。
  3. ^ a b c d 林強生名義
  4. ^ 龍達彦(江連卓)と共作。
  5. ^ 上原正三と共作。

出典編集

  1. ^ a b c d e f 『映像メディア作家人名事典』「小林義明」(1990年6月)[要ページ番号]
  2. ^ a b c d e f g h 「スーパー戦隊制作の裏舞台 小林義明」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1981 太陽戦隊サンバルカン講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年8月25日、33頁。ISBN 978-4-06-509606-2
  3. ^ a b にっぽんの刑事スーパーファイル(洋泉社MOOK、2016年2月)p.185 - 187
  4. ^ a b c 『宇宙刑事ダイナミックガイドブック』(徳間書店)小林義明インタビューより[要ページ番号]
  5. ^ https://twitter.com/daisukepro
  6. ^ 『東映ヒーローMAX』Vol.11(2004年 辰巳出版)[要ページ番号]
  7. ^ a b c 『東映ヒロインMAX』Vol.5(2007年 辰巳出版)[要ページ番号]
  8. ^ 安藤幹夫、スタジオ・ハード編「上原正三スペシャルインタビュー」『宇宙刑事大全 ギャバン・シャリバン・シャイダーの世界』双葉社、2000年7月1日、ISBN 4-575-29080-7、204-205頁。
  9. ^ 「INTERVIEW 小林義明」『東映ヒーローMAX』Vol.25 2008 SPRING、宮島和弘、辰巳出版〈タツミムック〉、2008年6月10日、78頁。ISBN 978-4-7778-0526-6
  10. ^ 宮島和宏編「INTERVIEW 江連卓[前編]」『東映ヒーローMAX Vol.29 2009 SPRING』辰巳出版〈タツミムック〉、2009年6月10日、ISBN 978-4-7778-0658-4、62頁。
  11. ^ 宮島和宏編「仮面の世界〜SPECIAL EDITION〜 ゲスト◎松村文雄[前編]」『東映ヒーローMAX Vol.30 2009 SUMMER』辰巳出版〈タツミムック〉、2009年9月10日、ISBN 978-4-7778-0678-2、71頁。
  12. ^ 『東映ヒーローMAX SPECIAL さらば仮面ライダー電王』(2008年 辰巳出版)[要ページ番号]
  13. ^ 20th1996 2018, p. 5, 「INTERVIEW カーレンジャーの真実 寺成紀
  14. ^ 20th1996 2018, pp. 20-21, 「SPECIAL INTERVIEW '96 岸祐二

参考文献編集

外部リンク編集