メインメニューを開く

小林 茂(こばやし しげる、1960年昭和35年)11月[1]- )は、日本陸上自衛官宮城県出身。1等陸佐までの職種は特科(野戦特科)。陸上自衛隊第15旅団長時代の2014年2月には沖縄地方の防衛について「先島に実力部隊を置く必要がある」との見解を示した[2]。その後第3師団長、中央即応集団司令官(末代)等の要職を経て、初代陸上総隊司令官に就任。

小林 茂
Shigeru Kobayashi
JGSDF Lieutenant General Shigeru Kobayashi 小林茂陸将 (US Air Force photo 160827-F-GX249-036 U.S., Japanese forces talk tactics for evacuation operations).jpg
中央即応集団司令官・小林茂陸将
(2016年8月)
生誕 1960年11月
日本の旗 日本 宮城県
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1983 - 2018
最終階級 陸将
除隊後 東京都危機管理監
テンプレートを表示

略歴編集

3月27日:初代陸上総隊司令官に就任
8月1日:退官
10月11日:東京都危機管理監

脚注及び出典編集

  1. ^ 防衛年鑑(2014年版) ISBN 9784938468354 525頁
  2. ^ 「先島に実力部隊必要」 小林第15旅団長”. 八重山毎日新聞社 (2014年2月11日). 2018年1月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 司令官紹介”. 防衛省 陸上自衛隊 中央即応集団. 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ 防衛省発令人事”. 防衛ホーム新聞社 (2007年4月3日). 2017年12月27日閲覧。
  5. ^ 行政記録(平成24年1月~平成24年12月) (PDF)”. 沖縄県. p. 23. 2017年12月27日閲覧。
  6. ^ 山下・陸自中部方面総監が着任 兵庫”. 産経新聞 (2014年8月7日). 2017年12月27日閲覧。
  7. ^ 防大タイムズNo.174”. 防衛大学校 (2015年8月6日). 2017年12月27日閲覧。
  8. ^ 第8代中央即応集団司令官に小林陸将着任”. 防衛省 陸上自衛隊 中央即応集団 (2016年7月1日). 2017年12月27日閲覧。
  9. ^ 陸自・海自:トップが着任 松本司令と小林司令官 / 神奈川”. 毎日新聞社 (2016年7月2日). 2018年1月2日閲覧。
  10. ^ 平成29年度豪州における米軍との実動訓練(タリスマンセーバー17)の概要について”. 陸上自衛隊 (2017年7月6日). 2017年12月27日閲覧。
  • 防衛省将官人事(2007年~2018年)


先代:
鈴木純治
第3師団長
第36代:2014年 - 2015年
次代:
角南良児