小林 誠二(こばやし せいじ、1958年1月22日 - )は、広島県比婆郡高野町(現:庄原市)出身の元プロ野球選手投手)、野球解説者。解説者時代から中日二軍投手コーチ時代の2010年までは小林 聖始(読みは同じ)と改名していた。

小林 誠二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県比婆郡高野町(現:庄原市
生年月日 (1958-01-22) 1958年1月22日(59歳)
身長
体重
178 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1975年 ドラフト4位
初出場 1976年4月11日
最終出場 1988年10月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

目次

経歴編集

生後4ヶ月の頃に父が死去。母は農協に勤務。高野中学校卒業後、広島市内の広島県立広島工業高等学校に進学。エースとして1975年第47回選抜高等学校野球大会に出場。熊野輝光のいた志度商を降し2回戦に進むが、福井商に完封負け[1]

1976年ドラフト4位で地元広島東洋カープから指名を受け入団。プロ入り当初はチームでも1、2を争う速球派で同期入団の北別府学より先に一軍昇格したが、肩を痛めてサイドスローに転向、本来のピッチングが出来なくなり、1981年西武ライオンズに移籍。そこでパームボールを習得して頭角を現し、中継ぎ抑えとして活躍。1982年パ・リーグ優勝を決めた試合では胴上げ投手となった。同年の中日ドラゴンズとの日本シリーズではリリーフとして3試合に登板し2勝1敗を記録、最終第6戦で勝利投手となりチーム日本一に貢献している。翌1983年読売ジャイアンツとの日本シリーズでも第2戦に登板している。

1984年高橋俊春とのトレードで広島に復帰(当時の西武監督の広岡達朗によれば、野球協約に抵触するレンタル移籍であったとも言われている)。同年は抑えの切り札として活躍し11勝9セーブ、最優秀防御率のタイトルを獲得した。チームのセ・リーグ優勝決定戦では、普段は抑え投手だがこの試合は先発投手を務め、プロ初完投勝利をあげて、胴上げ投手になった[2]。また阪急ブレーブスとの日本シリーズでは4試合に登板、第1戦で勝利投手となり、史上初の両リーグでのシリーズ勝利投手も記録、広島の日本一に貢献した。しかし、パームボールを投げ続けたことで肘を故障し、1988年に30歳で現役を引退した。

以後、1989年から2004年まで、日本テレビ広島テレビラジオ日本野球解説者を務めていた(但し、山本浩二池谷公二郎野村謙二郎と異なり、広島が関与する試合以外の全国中継への出演はほとんどなかった。他には、1990年代初期に福岡放送制作で日本テレビにもネットされた福岡ダイエーホークス主催ゲームの深夜録画中継に若干出演した他、ズームイン!!朝!の「プロ野球イレコミ情報」に数多く登場)。また、広島県の夕方の人気番組である柏村武昭のテレビ宣言(現『テレビ派』)に毎週金曜日コメンテーターとして出演していた。

2005年より、中日ドラゴンズの二軍投手コーチを務めていたが、2011年限りで落合博満監督の退任にともない退団した。

その後は広島市に生活拠点を戻し、2012年7月30日、広島市中区に、自らがオーナーを務める飲食店『べんがら亭 小町』を開業したが、2年後の2014年7月に閉店した。

その間、野球解説者としての活動を再開し、J SPORTS制作の広島主催ゲームや中国新聞社制作のケーブルテレビ向けウエスタン・リーグ中継などに出演した。

2016年には金星根監督に招聘されて韓国プロ野球ハンファ・イーグルスの一軍投手コーチに就任した。しかし、投手陣の深刻な不振によりチームは最下位に低迷し、4月13日に二軍に配置転換された直後、自ら球団に契約解除を申し出て辞任した。帰国後は再びJ SPORTS広島戦中継の解説者として活動している。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1976 広島 5 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 40 8.1 15 1 2 0 0 5 1 0 8 7 7.88 2.16
1977 18 6 0 0 0 1 3 0 -- .250 200 43.0 51 9 25 0 4 34 0 0 33 32 6.70 1.77
1978 2 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 31 8.0 7 1 3 0 0 4 0 0 3 3 3.38 1.25
1981 西武 7 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 43 9.0 14 0 3 0 2 3 0 0 4 4 4.00 1.89
1982 13 0 0 0 0 4 0 1 -- 1.000 129 34.0 22 3 3 1 2 29 0 0 11 9 2.38 0.74
1983 23 1 0 0 0 3 1 1 -- .750 190 45.1 43 6 16 2 1 26 0 0 19 19 3.77 1.30
1984 広島 55 2 1 0 0 11 4 9 -- .733 519 130.2 98 12 36 6 6 112 2 0 40 32 2.20 1.03
1985 45 0 0 0 0 4 5 7 -- .444 408 95.0 93 14 34 3 5 72 1 0 46 41 3.88 1.34
1986 33 0 0 0 0 3 1 2 -- .750 262 59.2 69 8 14 4 4 41 1 0 27 25 3.77 1.39
1987 16 0 0 0 0 2 1 0 -- .667 86 19.2 18 5 8 1 1 9 0 0 14 12 5.49 1.32
1988 5 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 41 9.1 11 2 2 0 2 12 0 0 7 6 5.79 1.39
通算:11年 222 12 1 0 0 29 15 20 -- .659 1949 462.0 441 61 147 17 27 347 5 0 212 190 3.70 1.27
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル編集

記録編集

背番号編集

  • 29 (1976年 - 1980年、1984年 - 1988年)
  • 23 (1981年)
  • 41 (1982年 - 1983年)
  • 78 (2005年 - 2011年)
  • 89 (2016年)

関連情報編集

出演番組編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 【10月4日】1984年(昭59) プロ9年生小林誠二 初完投勝利で胴上げ投手

関連項目編集

外部リンク編集