メインメニューを開く

小林 謙一(こばやし けんいち、1960年2月 - )は、日本考古学者中央大学文学部教授。

略歴編集

神奈川県横浜市戸塚区出身[1]

1978年神奈川県立光陵高等学校卒業。 1983年慶應義塾大学文学部民族学考古学専攻卒業。1987年同大学院文学研究科修士課程修了。 2004年総合研究大学院大学大学院文化科学研究科博士課程修了。博士(文学)

慶大埋蔵文化財調査室助手、金沢大学埋蔵文化財調査センター助手、国立歴史民俗博物館助教を経て、2008年中央大学文学部准教授、2013年教授[2]

著書編集

単著編集

編著編集

  • 『縄文時代の食と住まい』(同成社, 2016年)

共編著編集

  • (工藤雄一郎, 国立歴史民俗博物館)『縄文はいつから!? 地球環境の変動と縄文文化』(新泉社, 2011年)
  • (黒尾和久,‎ 中山真治,‎ 山本典幸)『考古学の地平 I』(六一書房, 2016年)

脚注編集

  1. ^ 『縄紋社会研究の新視点』(六一書房, 2012年)
  2. ^ 小林 謙一 - 中央大学 研究者情報データベース

外部リンク編集