メインメニューを開く

小林豊 (アナウンサー)

日本のアナウンサー

小林 豊(こばやし ゆたか、1965年8月17日 - )は、TBSテレビの社員で元・アナウンサー気象予報士防災士の資格を保持していることから、アナウンサー時代の後期(2002年4月 - 2019年6月)には、全国向けのテレビ番組で週末の早朝に放送される天気予報を「気象予報士」という肩書で定期的に担当していた。

こばやし ゆたか
小林 豊
プロフィール
愛称 小林少年
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市緑区
生年月日 (1965-08-17) 1965年8月17日(53歳)
最終学歴 東京外国語大学外国語学部ロシア語学科
勤務局 TBSテレビ
活動期間 1989年 - 2019年
(TBSアナウンサーとして)
ジャンル バラエティー・情報
公式サイト TBS公式プロフィール
出演番組・活動
出演経歴JNN NEWS
サタデーずばッと
関口宏の東京フレンドパークII
アッコにおまかせ!
2時っチャオ!
土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送
ほか

1989年にアナウンサーとして東京放送(当時)へ入社して以来変わらない短髪と、褐色の肌がトレードマーク。童顔で体格が小柄なことも相まって、アナウンサー時代には、著名な子供向け探偵小説の主人公にちなんで「小林少年」という愛称で呼ばれていた。

愛知県名古屋市緑区の出身で、趣味はサックス演奏、サーフィンスノーボード

目次

来歴・人物編集

小学4年から中学1年までフィリピンマニラで過ごす。南山高等学校東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業。在学時はフェンシング部に所属。1989年4月にTBSにアナウンサー25期生として入社(同期は斎藤哲也小笠原保子福島弓子原山理一郎[1][2]

入社当初はラジオの若者向け番組に出演することが多く、入社2年目に『スーパーギャング』のパーソナリティを務めた。テレビ宣伝番組『特番ナビゲーション』における第21回 '95アノンシスト賞テレビCM部門最優秀賞を受賞[3]1991年には、『クイズ&ゲーム太郎と花子』 (フジテレビ制作の全国ネット番組)の「フジテレビ対TBS アナウンサー大会」に、TBSアナウンス部の代表として出演している。

おはようクジラ』のリポーターに起用された1996年頃から、テレビ番組へ頻繁に出演。一時は、日曜日を除く週に6日レギュラーで生放送番組へ出演しながら、隔週月曜日に『関口宏の東京フレンドパークII』の収録へ臨んでいた[注釈 1]

さらに、気象予報士の資格を取得したことを機に、『みのもんたのサタデーずばッと』(および同枠内の『JNNニュース』…2009年度のみ『THE NEWS』)で天気予報を担当。同番組が終了してからは、日曜日の同じ時間帯(早朝)に単独番組として放送される『JNNニュース』の 気象キャスターに異動した。ちなみに、以上の番組の紹介テロップには「気象予報士・小林豊」と表示されていたが、他のテレビ・ラジオ番組へ(レギュラーの気象キャスターの休演時や異常気象の発生時に)気象予報士として出演する機会はなかった。

スペインに「ピカソ刺青を入れてもらった人」を探しに行った際、なぜか自身が「ピカソに刺青を入れてもらった人」として地元メディアから逆取材されたことがある。また、2001年1月1日中国北京から衛星生中継で放送した日本・中国・韓国のアジア3カ国共同企画の『DOMINO2001』では、当時のドミノ倒しギネス世界新記録の実況に立ち会った。

レギュラーで出演していた『2時っチャオ!』を2008年9月で降板してからは、BS-TBS冠番組や「TBSアナウンススクール」の講師[4]などを担当しながら、気象予報士として2019年6月23日まで日曜早朝の『JNNニュース』で天気予報を伝え続けた。その一方で、2014年度のナイターオフ期間にTBSラジオで放送された『OLERA』で木曜日の中継リポーターへ起用されたことを機に、ラジオ番組へのレギュラー出演を本格的に再開。2015年10月から通年で放送されている『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』でも、「小林豊のTOKYO潜入大作戦」という生中継企画のリポーターを番組開始当初から務めていた。

しかし、2019年6月29日の『ナイツのちゃきちゃき大放送』へ出演中に、アナウンス部から異動することを発表した。発表では異動先を「新設の部署」としか明かさなかったものの、「小林豊、ここまでです。廃業です。二度とマイクを持つことはないかと思います」といった表現で、アナウンサー生活に終止符を打つことを明言。この出演を最後に、同年7月1日付でアナウンス部を離れた[5][4]

アナウンサー時代の出演番組編集

テレビ編集

実況担当時、テロップは「小林少年」。

ラジオ編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2007年以降は、週6日の生放送レギュラーを持つアナウンサーも珍しくなくなっている。2012年10月当時では出水麻衣江藤愛佐藤渚が該当した。このほか久保田智子山内あゆ藤森祥平蓮見孝之岡村仁美ら(以上入社順)がこれまでに週6日の生放送レギュラーの経験がある。
  2. ^ 後継番組『報道LIVE あさチャン!サタデー』および内包番組の『JNNニュース』は、小林と担当曜日を交換する形で元井美貴が担当。
  3. ^ 日曜朝の担当は『草野満代の朝なま報道局』終了から半年ほど経過後に元井美貴に交代して以来となる。
  4. ^ 安住紳一郎の日曜天国』枠で放送された正月特番。

出典編集

  1. ^ 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「1989.4<25期生> 5人入社(男3・女2) 小林豊 斎藤哲也 小笠原保子 福島弓子 原山理一郎(一般職採用)」
  2. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、30-31頁。「89.4<25期生>5人入社 小林豊 斎藤哲也 小笠原保子 福島弓子 原山理一郎…(一般職採用)」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、31頁。「小林豊… R「スーパーギャング(90)」「土曜ワイド ハッピーTokyo<リポーター>(90)」「ヤンアナジョッキー(92)」「サンデー・エステティック・ミュージック(92)」「NEXT STAGE(93)」「恋する電リク、ビンゴボンゴ(94)」「YO!HO!(95)」「BEAT NAVIGATION(96)」 TV「噂の東京マガジン(89)」「DUNK(93)」「東京フレンドパークII(94)」「ニュースの森<新・噂のなんじゃもんじゃ>」「おはようクジラ<リポーター>(96)」 ★「特番ナビゲーション」<第21回 '95アノンシスト賞 テレビCM部門最優秀賞受賞>」
  4. ^ a b c TBS小林豊アナ「廃業です」異動前ラストあいさつでナイツ土屋&出水麻衣アナ号泣”. オリコン (2019年6月29日). 2019年6月29日閲覧。
  5. ^ a b これが聴き納め! TBSアナウンサー小林豊がお送りする最後の生中継! リスナーの皆さんへ、そして後輩アナウンサーたちへ”. TBSラジオ (2019年6月29日). 2019年6月29日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「小林豊『BS「TIME OVER(2000)」担当』 R「スーパーギャング」「YO!HO!」「BEAT NAVIGATION」 TV「DUNK」「ニュースの森<噂のなんじゃもんじゃ>」「エクスプレス」」

参考文献編集

  • 『TBS50年史』東京放送、東京放送、2002年1月。

関連項目編集

外部リンク編集