メインメニューを開く

小林 頼子(こばやし よりこ、1948年 - )は、日本の美術史家、前目白大学教授。専門は17世紀オランダ美術史、日蘭美術交流史。

目次

来歴編集

山口県出身。1982-1985年ユトレヒト大学美術史研究所留学。1987年慶應義塾大学大学院博士課程中退。2000年『フェルメール論』『フェルメールの世界』で吉田秀和賞受賞。目白大学社会学部メディア表現学科教授。2019年退任。

著書編集

  • 花のギャラリー 描かれた花の意味 八坂書房 1994.6
  • フェルメール論 神話解体の試み 八坂書房 1998.8、新版2008
  • フェルメールの世界 17世紀オランダ風俗画家の軌跡 日本放送出版協会NHKブックス〉 1999.10
  • もっと知りたいフェルメール 生涯と作品 東京美術 2007.9、改訂版2017.8。「アート・ビギナーズ・コレクション」
  • 牛乳を注ぐ女 画家フェルメールの誕生 ランダムハウス講談社 2007.10
  • フェルメール 謎めいた生涯と全作品 角川文庫 2008.9
  • 花と果実の美術館 名画の中の植物 八坂書房 2010.11
  • 庭園のコスモロジー 描かれたイメージと記憶 青土社 2014.1

共著編集

翻訳編集

参考編集