メインメニューを開く

小森 香折(こもり かおり、1958年 - )は日本の小説家翻訳家

東京都生まれ。青山学院大学文学部卒業。学習院大学大学院文学研究科独文学専攻博士後期課程修了。

ドイツ語の絵本の翻訳を行うだけでなく、自らいくつもの児童小説を書いている。

『ぼくにぴったりの仕事』で、第12回《小さな童話》大賞大賞を受賞。

ファンタジー小説『ニコルの塔』により平成14年度第5回ちゅうでん児童文学賞を受賞。この作品は2003年11月にBL出版より刊行され、2004年には第22回新美南吉児童文学賞も受賞した。

2006年9月に『うしろの正面。』を出版した。

主な著作編集

主な翻訳編集