メインメニューを開く
画像提供依頼:放送送信設備の画像提供をお願いします。2008年3月

この小樽市内テレビ・ラジオ中継局の項では、北海道小樽市にあるテレビ及びラジオ中継局について記述する。

目次

概要編集

小樽市の中心部をカバーするために設置された。札幌親局に属する中継局という扱いのため、道内他主要都市とは異なりアナログでも音声多重放送が実施されている。ここでは小樽市内にある小樽桂岡・小樽見晴(以上NHK札幌放送局と民放)・小樽朝里・小樽奥沢・北小樽・小樽塩谷・小樽長橋(以上NHK札幌放送局のみ)の7中継局についても記述する。

小樽中継局編集

地上デジタルテレビジョン放送送信設備編集

 
送信アンテナ(中央)
 
民放5社の送信局舎
ID 放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日
1 HBC
北海道放送
32 50W 280W 北海道 約51,000世帯 2007年
11月1日
2 NHK
札幌教育
29 350W 全国 2007年
10月1日
3 NHK
札幌総合
31 石狩空知
滝川市以南)・後志
5 STV
札幌テレビ放送
33 280W 北海道 2007年
11月1日
6 HTB
北海道テレビ放送
20
7 TVh
テレビ北海道
30
8 UHB
北海道文化放送
22

地上アナログテレビジョン放送送信設備編集

 
小樽中継局
(NHK)
 
小樽中継局
(HBC)
 
小樽中継局
(STV)
 
小樽中継局
(HTB・UHB・TVh)
チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面 開局日
2 NHK
札幌教育
映像75W/
音声18.5W
映像330W/
音声81W
全国 不明 垂直偏波 不明
4 HTB
北海道テレビ放送
映像310W/
音声77W
北海道 1968年
12月15日
7 STV
札幌テレビ放送
映像310W/
音声78W
1961年
9月29日
9 HBC
北海道放送
映像310W/
音声75W
1961年
5月16日
11 NHK
札幌総合
映像310W/
音声77W
石狩・空知
(滝川市以南)・後志
黒松内町以外)
不明
24 TVh
テレビ北海道
映像500W/
音声125W
映像3.5kW/
音声860W
北海道 水平偏波 1989年
10月1日
26 UHB
北海道文化放送
1972年
4月1日

FMラジオ放送送信設備編集

周波数
MHz
放送局名 コールサイン 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
76.3 FMおたる JOZZ1AG-FM 20W 42W 小樽市 40,719世帯
小樽市全世帯
65,110世帯のうち、
62.5%をカバー
水平偏波
79.5 NORTH WAVE なし(中継局) 100W 110W 北海道 不明 垂直偏波
81.9 AIR-G'
84.5 NHK
札幌FM
石狩・空知
(滝川市以南)・後志
(黒松内町以外)
  • NHK-FMとAIR-G'、NORTHWAVEはNHK札幌放送局アナログテレビ中継局に併設、FMおたるは旧STVアナログテレビ中継局に併設。但し、FMおたるに関しては、送信所を置くSTVアナログ中継局が今後電波法に基づいて解体・撤去される可能性があるため、今後移転される可能性がある。

マルチメディア放送編集

周波数 放送局名 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
未定 モバキャス
NOTTV
未定 未定 未定 未定
  • 時期未定ながら開局予定としていたが、モバキャスのサービス終了で計画は白紙になった[1]

小樽桂岡中継局と小樽見晴中継局編集

小樽桂岡中継局編集

地上デジタルテレビジョン放送送信設備編集

ID 放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日
1 HBC
北海道放送
44 10mW 35mW 北海道 約1,900世帯 2010年
9月30日
2 NHK
札幌教育
38 全国
3 NHK
札幌総合
42 石狩・空知
(滝川市以南)・後志
5 STV
札幌テレビ放送
46 北海道
6 HTB
北海道テレビ放送
48
7 TVh
テレビ北海道
40
8 UHB
北海道文化放送
50

地上アナログテレビジョン放送送信設備編集

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
37 HBC
北海道放送
映像100mW/
音声25mW
映像480mW/
音声120mW
北海道 約2,700世帯 水平偏波
39 NHK
札幌総合
石狩・空知
(滝川市以南)・後志
(黒松内町以外)
41 UHB
北海道文化放送
北海道
43 HTB
北海道テレビ放送
45 STV
札幌テレビ放送
47 NHK
札幌教育
全国
52 TVh
テレビ北海道
北海道

小樽見晴中継局編集

地上デジタルテレビジョン放送送信設備編集

ID 放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日
1 HBC
北海道放送
42 10mW 47mW 北海道 約1,100世帯 2010年
9月30日
2 NHK
札幌教育
38 全国
3 NHK
札幌総合
44 石狩・空知
(滝川市以南)・後志
5 STV
札幌テレビ放送
46 北海道
6 HTB
北海道テレビ放送
48
7 TVh
テレビ北海道
40
8 UHB
北海道文化放送
50

地上アナログテレビジョン放送送信設備編集

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
49 TVh
テレビ北海道
映像100mW/
音声25mW
映像580mW/
音声145mW
北海道 不明 水平偏波
51 HBC
北海道放送
53 NHK
札幌総合
石狩・空知
(滝川市以南)・後志
(黒松内町以外)
55 UHB
北海道文化放送
北海道
57 HTB
北海道テレビ放送
59 STV
札幌テレビ放送
61 NHK
札幌教育
全国
  • どちらの中継局も札幌送信所と小樽中継局が受信がしにくい、またはできないことに伴って開局したミニサテライト局
  • このうち小樽桂岡については、TVhはかつて33chで放送されていたが、小樽デジタル中継局で使用されることに伴い、アナアナ変換で52chに変更された。
  • 地上デジタル放送(地デジ)は、両中継局共、2010年(平成22年)5月27日はNHKに、9月10日は民放にそれぞれ予備免許が交付、NHK・民放共9月14日から試験電波が発射され、9月30日に本免許が交付、同日から本放送開始。当初、民放は札幌市の小規模局は全て開局させるのにもかかわらず、札幌市に非常に近い両中継局では自力建設困難となっていた。場所により、札幌送信所・小樽中継局からの電波が受信できる場合もある。
  • 小樽見晴中継局については当初、小樽中継局などでカバーできることから置局不要と判断されたため、2011年(平成23年)のアナログテレビ放送終了とともに廃局となる予定になっていた。しかし、2008年(平成20年)12月になってカバーできないことが分かり、2010年(平成22年)9月に開局する予定で作業が進められることになり、9月30日の開局にこぎつけた。

NHK小樽市内単独中継局編集

小樽朝里中継局編集

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
49 NHK
札幌教育
映像3W/
音声750mW
映像26W/
音声6.4W
全国 約-世帯 水平偏波
51 NHK
札幌総合
石狩・空知
(滝川市以南)・後志
(黒松内町以外)

小樽奥沢中継局編集

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
49 NHK
札幌教育
映像3W/
音声750mW
映像21W/
音声5.2W
全国 約-世帯 水平偏波
51 NHK
札幌総合
映像20W/
音声5.1W
石狩・空知
(滝川市以南)・後志
(黒松内町以外)

北小樽中継局編集

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
50 NHK
札幌教育
映像1W/
音声250mW
映像1.55W/
音声390mW
全国 不明 水平偏波
52 NHK
札幌総合
石狩・空知
(滝川市以南)・後志
(黒松内町以外)

小樽塩谷中継局編集

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
9 NHK
札幌総合
映像1W/
音声250mW
映像890mW/
音声220mW
石狩・空知
(滝川市以南)・後志
(黒松内町以外)
不明 水平偏波
11 NHK
札幌教育
全国

小樽長橋中継局編集

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
37 NHK
札幌教育
映像500mW/
音声125mW
映像1.1W/
音声270mW
全国 不明 水平偏波
39 NHK
札幌総合
石狩・空知
(滝川市以南)・後志
(黒松内町以外)
  • なお、上記5局の地上デジタル放送については、全て非該当のため、2011年(平成23年)7月24日の停波をもって運用を終える(札幌送信所・小樽中継局・余市中継局でカバーできるため)。

放送エリア編集

  • NHKと民放
    • 小樽中継局…小樽市の一部(FMは小樽市全域と余市町札幌市石狩市の一部)。
    • 小樽桂岡中継局…小樽市桂岡町。
    • 小樽見晴中継局…小樽市銭函。
  • NHK小樽市内単独中継局(民放は小樽中継局を受信している。但し、小樽塩谷中継局では余市中継局を受信。)
    • 小樽朝里中継局…小樽市桜周辺。
    • 小樽奥沢中継局…小樽市奥沢、天神周辺。
    • 北小樽中継局…小樽市赤岩。
    • 小樽塩谷中継局…小樽市塩谷。
    • 小樽長橋中継局…小樽市石山町周辺。

備考編集

空中線と局舎について編集

  • アナログテレビの映像出力はVHF75W、UHF500Wであり、VHF75Wは道内では小樽中継局と北見中継局(北見市)以外に存在しない。
  • デジタルテレビの送信出力は50W(デジタル放送では、映像と音声の映像は同じ信号でまとめて送られる)。
  • 偏波面は、アナログVHFとFMラジオが「垂直偏波」、アナログUHF・デジタルテレビが「水平偏波」。
  • NHK札幌放送局はFM(民放のAIR-G'・NORTH WAVEも含む)中継局と局舎を併設。
  • HBCはアナログテレビで単独使用。アナログ中継局は1957年(昭和32年)開局時の「HBCテレビ」ロゴをアクリル板で表記していたが、デジタル中継局は2001年(平成13年)からのロゴを表記。
  • STVはFMおたる送信所・局舎を併設。ロゴは、アナログ中継局が1959年(昭和34年)開局時のもの、デジタル中継局が2000年(平成12年)から2014年(平成26年)までのものを使用。
  • HTB・UHB・TVhはアナログテレビで送信施設を3局で共同使用。
    • HTBのロゴは、アナログ中継局が1968年(昭和43年)開局時のもの、デジタル中継局が2006年(平成18年)からのものを使用。
    • UHBのロゴは、アナログ中継局・デジタル中継局とも1983年(昭和58年)より使用されている「uhb」となっている。
  • デジタルテレビ中継局は、以下の通り。
    • 空中線は全局共同使用で、NHK札幌放送局アナログテレビ(FM放送併設)空中線とSTVアナログテレビ空中線の中間に設置。
    • 局舎はNHK札幌放送局がアナログテレビ・FM(民放のAIR-G'・NORTH WAVEを含む)共用局舎に併設、民放5局はSTVアナログテレビ局舎の隣に新設。

そのため、STV以外の民放各局のアナログ空中線・局舎のみ、2011年(平成23年)7月24日の停波をもって運用を終了した。但し、STVアナログテレビ空中線・局舎に併設されているFMおたるに関しては、STVが両施設を運用終了にして撤去する可能性が考えられるため、今後送信所がNHK-FMと民放FMの共同空中線かデジタルテレビ共同空中線に、局舎がNHK札幌放送局・民放FM共同局舎か民放5局デジタル共同局舎に移設される可能性がある。その後、STVのロゴが消されているため、FMおたる単独の送信所として存続する見通しとなっている。

その他編集

  • アナログテレビジョン放送については、札幌送信所管内の中継局の為、音声多重放送を実施(一般のテレビで楽しめる)。しかし、アナログデータ放送・字幕放送は特殊な機器でないと楽しめない
これは同じ後志管内のニセコ中継局岩内中継局などでも同様である。
  • デジタルテレビジョン放送では、音声多重放送のほか、字幕放送・データ放送を一般のテレビでも楽しむことができる。
  • HTBアナログ局は、親局がUHFで送信されているにもかかわらず、小樽ではVHFで送信されている。
同じ後志管内では岩内で、その他の道内では定山渓上川枝幸浦河中標津羅臼北桧山もVHF送信。VHF波によるHTBのアナログ中継局は小樽が初の設置となる(HTBのアナログ中継局全体でも初の設置である)。

脚注・出典編集

関連項目編集