メインメニューを開く

小橋一郎

小橋 一郎(こばし いちろう、1923年大正12年)2月14日 - )は、日本法学者。専門は商法会社法同志社大学名誉教授

京都府京都市生まれ。1940年(昭和15年)3月京都府立京都第一中学校卒業。1945年昭和20年)、立命館大学法文学部卒業。学位法学博士(1962年大阪大学、学位論文「手形行為論」)。2000年平成12年)4月、勲三等旭日中綬章受章。

主な著作編集

翻訳
  • サヴィニー(著)『現代ローマ法体系(第1巻)』(成文堂、1993年)
  • サヴィニー(著)『現代ローマ法体系(第2巻)』(成文堂、1996年)
  • サヴィニー(著)『現代ローマ法体系(第3巻)』(成文堂、1999年)
  • サヴィニー(著)『現代ローマ法体系(第4巻)』(成文堂、2001年)
  • サヴィニー(著)『現代ローマ法体系(第5巻)』(成文堂、2003年)
著書
  • 手形法小切手法』(成文堂、1997年)
  • 会社法』(成文堂、1991年)
  • 『銀行員のための手形小切手法入門』(金融財政事情研究会、1991年)
  • 『手形・小切手法の基礎』(成文堂、1990年)
  • 『会社法』(成文堂、1987年)
  • 『判例批評 - 商法論集』(成文堂、1986年)
  • 商法総則』(成文堂、1985年)
  • 有価証券法の基礎理論』(日本評論社、1982年)
  • 『商法論集 - 判例批評 1』(成文堂)
  • 『商法論集 - 総則・会社』(成文堂)
  • 『商法論集 - 商行為・手形 1』(成文堂)