メインメニューを開く

小池 一彦(こいけ かずひこ)は、EMIミュージック・ジャパンCEO(最高経営責任者)兼社長[1]

経歴編集

1977年ポリドール株式会社(現・ユニバーサル ミュージック合同会社)に入社する。 洋楽部門で活躍の後、邦楽ビジネスに転向し、Def Jam Japanを立ち上げるなど数々の功績を収める。

2007年1月に同社取締役社長兼COO(現・社長兼COO)に就任し、A&R(音楽制作)全般と、同社が保有する8つの音楽レーベルの宣伝・販売・マーケティング活動を統括する。

2009年11月から2013年1月までに同社CEO兼社長となって務めた。

2013年1月15日からEMIミュージック・ジャパンのCEO兼社長となった。

脚注編集

  1. ^ (新社長)EMIミュージック社長に小池氏 ユニバーサルと兼務”. 日本経済新聞 (2012年12月26日). 2014年9月15日閲覧。
先代:
石坂敬一
ユニバーサル ミュージックCEO
2009年 - 2014年
次代:
藤倉尚