メインメニューを開く

小池新道(こいけ しんどう)とは北アルプス新穂高温泉を基点とし、鏡平を経て弓折岳を経て双六小屋へ至り、三俣蓮華岳双六岳槍ヶ岳裏銀座コースに接続する登山道の名称である。夏山の場合、行程中にはお花畑が点在し、槍ヶ岳や笠ヶ岳等の眺望も効き、比較的静かな山行が楽しめるコースである。1955年昭和30年)に、双六小屋の経営者であった小池義清らにより本コースが開設された。

小池新道からの鏡平山荘(遠景は奥丸山穂高岳

目次

小池新道周辺の山々編集

小池新道周辺の山小屋編集

関連項目編集

参考文献編集