メインメニューを開く

小池 翔大(こいけ しょうた、1988年6月24日 - )は、東京都葛飾区出身の元プロ野球選手捕手)。右投右打。

小池 翔大
2012marines koike.jpg
ロッテ選手時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都葛飾区
生年月日 (1988-06-24) 1988年6月24日(31歳)
身長
体重
183 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2010年 ドラフト4位
初出場 2012年8月15日
最終出場 同上
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

小学1年から投手兼捕手として野球を始める。

修徳学園中時代は、軟式野球部に所属し3年時に第25回全国中学校軟式野球大会で準優勝を果たす。

常総学院高では、1年時の秋から正捕手となり2年時の春、3年時の夏と2度の甲子園出場を果たす。高校通算7本塁打。当時から、ドラフト候補に挙げられていた。

青学大に進学すると、1年時の春季リーグからレギュラーとして出場。開幕の駒大戦でリーグ史上初となる満塁本塁打を放ちデビューを飾ると、リーグ10位となる打率.289をマーク、ベストナインを受賞した。
しかし、2年時の秋は肩を痛め指名打者としての出場、打率も.171と低調に終わった。故障が癒えた3年時の春は再び5番捕手として復活、自身の好リードもあり3季連続で下位に沈んでいたチームの2位浮上に貢献、第37回日米大学野球選手権大会日本代表に選出され、正捕手に抜擢された。3年秋にチームは二部に降格したが、4年春に1シーズンで一部に復帰。第5回世界大学野球選手権日本代表に選出された。東都大学1部リーグ通算82試合に出場、272打数70安打、打率.257、5本塁打、26打点。

2010年10月28日、プロ野球ドラフト会議にて千葉ロッテマリーンズから4位指名を受けた[1]

プロ入り後編集

 
ロッテ浦和球場のブルペンにて(2011年)

2011年、春季キャンプ一軍スタートとなる。2012年、8月15日に一軍初出場。

2014年、二軍で54試合に出場し、打率.379の成績を残すも、10月25日に球団から戦力外通告を受ける[2]。12月2日、自由契約公示される[3]

2015年からはチームスタッフ(二軍用具係)となる[4]2017年からはブルペン捕手も兼務する[5]

人物編集

フジテレビの三田友梨佳アナウンサーとは、青山学院大学硬式野球部の選手とマネージャーという間柄で、同期にあたる。

足のサイズは30cmである。

既婚者で、2017年3月に長女が誕生している[5]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2012 ロッテ 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:1年 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000

年度別守備成績編集


捕手
試合数 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
2012 1 1 0 0 0 0 1.000 1 0 0 -
通算 1 1 0 0 0 0 1.000 1 0 0 -

記録編集

初記録

背番号編集

  • 24 (2011年 - 2013年)
  • 57 (2014年)
  • 94 (2017年 - )

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト 2010年ドラフト会議 4巡目で小池翔大選手を指名
  2. ^ 来季契約についてロッテ球団公式サイト2014年10月25日配信
  3. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。
  4. ^ ロッテ小池2軍用具係もパソコンに苦戦中 ニッカンスポーツ・コム 2015年1月9日閲覧。
  5. ^ a b 梶原紀章 (2017年5月25日). “【ロッテ】4年で現役を退いたハンカチ世代の男の今”. 文春野球コラム ペナントレース2017. 文春オンライン. 2018年1月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集