メインメニューを開く

小沢原の戦おざわがはら の いくさ)とは、享禄3年6月12日1530年7月6日)、上杉朝興と一戦を交えた北条氏康が上杉勢を退け、初陣を飾った戦。 氏康は乳母子の清水吉政をはじめ、中島隼人佐(はやとのすけ、麻生区万福寺)を引き連れ、上杉の陣を急襲したという。

場所は諸説がある。

史跡・勝坂(麻生区千代ヶ丘5丁目)には細山郷土資料館による史跡案内板があり、勝利をおさめた氏康が「勝った、勝った」と喜びの声を発して、金程から細山へ通じる坂を駆け上がったことから、勝坂と呼ばれるようになったと記されている。ちなみに、この戦で糧食炊飯の場とされたのが膳部谷戸(麻生区上麻生3丁目付近)。

参考文献編集

  • 『相州兵乱記』
  • 『鎌倉九代後記』
  • 『北条記』