メインメニューを開く

小泉町駅

日本の群馬県邑楽郡大泉町にある東武鉄道の駅

小泉町駅(こいずみまちえき)は、群馬県邑楽郡大泉町城之内二丁目にある、東武鉄道小泉線である。駅番号はTI 45

小泉町駅
駅舎(2012年11月)
駅舎(2012年11月)
こいずみまち
Koizumimachi
TI 44 東小泉 (0.9km)
(1.3km) 西小泉 TI 46
所在地 群馬県邑楽郡大泉町城之内二丁目4-1
駅番号 TI 45
所属事業者 東武鉄道
所属路線 小泉線
キロ程 11.9km(館林起点)
電報略号 コイ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
435人/日
-2016年-
開業年月日 1917年大正6年)3月12日
備考 簡易委託駅
テンプレートを表示
駅全景(2012年11月)

目次

年表編集

東武小泉線の前身、中原鉄道(ちゅうげんてつどう)が館林駅 - 小泉町を開業した際の終端駅であった。中原鉄道は、1922年大正11年)に上州鉄道と改称、軽便鉄道から地方鉄道となったが、1937年昭和12年)に東武鉄道に買収され、東武小泉線の駅となった。

東小泉駅の旅客営業開始に伴い一旦廃止となったが、1955年(昭和30年)に復活。なお、この時に東小泉駅信号所に格下げとなったが、同駅は1977年(昭和52年)に再び駅となっている。

  • 1917年(大正6年)3月12日 - 中原鉄道により開業。
  • 1922年(大正11年)3月4日 - 中原鉄道が上州鉄道に改称する。
  • 1937年(昭和12年)1月10日 - 東武鉄道の上州鉄道買収により、同社の駅となる。
  • 1939年(昭和14年)4月13日 - 仙石河岸線小泉町駅 - 仙石河岸駅間開業により中間駅となる。
  • 1941年(昭和16年)6月1日 - 太田 - 小泉町間開業。
  • 1942年(昭和17年)5月10日[1] - 小泉信号所が同年4月に旅客駅化し東小泉駅となったこと・西小泉駅開業(1941年12月1日)により旅客営業廃止。
  • 1955年(昭和30年)9月20日[1] - 旅客営業再開。

駅構造編集

単式ホーム1面1線を有する地上駅。駅舎・ホームは線路の南側にあり、線路の北側と連絡する跨線橋が設置されている。駅舎の大部分はトイレである。乗車券は駅から南方50メートルのお茶屋で発売している。

利用状況編集

2016年度の1日平均乗降人員は435人である。

近年の一日平均乗降人員の推移は下表のとおりである。

年度 一日平均乗降人員[2]
2003年(平成15年) 392
2004年(平成16年) 413
2005年(平成17年) 431
2006年(平成18年) 411
2007年(平成19年) 407
2008年(平成20年) 427
2009年(平成21年) 428
2010年(平成22年) 484
2011年(平成23年) 470
2012年(平成24年) 464
2013年(平成25年) 432
2014年(平成26年) 385
2015年(平成27年) 404
2016年(平成28年) 435

駅周辺編集

大泉市街地(大泉町役場)は西小泉駅が最寄りである。

バス路線編集

2017年現在、小泉町駅周辺に路線バスは乗り入れていない。

2005年(平成17年)から2016年(平成28年)までは大泉町の町内循環バスさわやか(東コース)が「小泉町駅西」バス停に乗り入れていた[3]

隣の駅編集

東武鉄道
  小泉線
東小泉駅 (TI 44) - 小泉町駅 (TI 45) - 西小泉駅 (TI 46)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 今尾恵介監修『日本鉄道旅行地図帳 3号 関東1』新潮社、2008年、p.30
  2. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  3. ^ 平成25年度第1回大泉町分科会協議資料 (PDF) 2017年3月19日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集