メインメニューを開く

クレイジードールズ

小泉麻衣子から転送)

クレイジードールズCrazyDolls)とは日本の女性お笑いコンビティーフォースに所属していた。

クレイジードールズ
Crazy Dolls 2010-08.jpg
左から、小泉麻衣子、小田原美香(2010年)
メンバー 小泉麻衣子
小田原美香
結成年 2006年
事務所 ティーフォース
活動時期 2006年 - 2012年
現在の活動状況 活動休止中
芸種 コント
現在の代表番組 イツザイ
あらびき団
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

略歴編集

グラビアアイドル、バラエティタレントなどで別々に活動していた小泉麻衣子(マイキー)、小田原美香(みかちゅう)の二人によって2006年1月に結成。翌2月にはお笑いライブデビューをする。結成のきっかけは、別々に『エンタの神様』にピン芸人としてオーディションを受けていたが、スタッフらに『コンビでやってみたら』と言われたことだったという。2006年中には、リナ・アントワネット、葵るこ(現・ベルサイユ)、大野仁美(現・ちょーちんあんこー)らも在籍していたMPガールズのメンバーだった時もあった。

『エロカワダンス』と自称するダンスを持ち味とし、『Distance』(作詞:小泉麻衣子/作曲:飯島友)というダンス系のオリジナル曲も持っている[1]

2008年1月5日に行われた対戦型お笑いライブ『TEPPEN.24 テッペン島』(なかの芸能小劇場)では、マイキーがつーからの奥野麻衣と『まいまイキー』、みかちゅうが同じくつーからの福田ヒロと『中坊ーず』のそれぞれのスペシャルコンビを組み、この2組で直接対決が行われた(結果はまいまイキーの勝ち)[2]

2012年3月24日付のブログで、マイキーが無期限の活動休止を発表した。

芸風編集

主なものとして、OLが仕事終わりにクラブで踊る(マイキーが先輩、みかちゅうが後輩)という設定で、『刺激が足りな〜い!』(または『(踊りに)行っちゃ〜う?』など)と言ってOLの制服から、その下に着込んでいたツーピース(セパレート)タイプのセクシー衣装に早変わりし、『ビシ、バシ!刺激を下さい!ビシ、バシ!超感じた〜い』と歌って踊りながら7・7調または7・5調の短い一発ギャグを次々に挟んでいく、といったものがある。この他に『感じる〜』というものの落ちに持っていく、というネタも有る。以前はマイキー → みかちゅうの順番でのネタの流れだったが、その後これの逆の順番でも演じている。なお、このネタの時にBGMとして使っているのは、倖田來未の曲『JUICY』(シングル『4 hot wave』収録)のカラオケである。

また、みかちゅうのお腹の肉がネタにされることもしばしばある(これは、GyaOジョッキーの『カラダを張ってがんばります!』でも同様だった)が、最近ではマイキーのお腹の肉も同様にネタにされている。

メンバー編集

  • 小泉麻衣子(こいずみ まいこ、 (1978-06-25) 1978年6月25日(41歳) - )
静岡県富士市出身。B87・W57・H86、血液型はO型。愛称はマイキーロリババア。主にツッコミ役。
かつてはいわゆるガングロギャルで、ギャル系の雑誌にモデルとして出たこともあった[3]。そのような頃に、CM撮影の現場の横を通った時にスカウトされたのが芸能界入りのきっかけ(本人曰く、内山理名出演のCMだった)で、その次の日にすぐTV番組収録の初仕事があったという。その後グラビアアイドルとして活動し、フジテレビの番組『SDM発!』でのユニットTHE SDMのメンバーとして初レギュラー出演。その他、中居正広の金曜日のスマたちへTBSテレビ、後ろで赤い服を着て座る)、内村プロデューステレビ朝日、アシスタント)、ラブセン!(TBS、コーナー出演)などに出演。
パシンペロン早房結香とは、同じ富士市出身同士ということもあり、早房の『ぶっさん会』などを通じて親交がある[4]倖田來未の大ファンでコンサートには毎度行っている、それに影響され相方も倖田のファンになった[5][6]
  • 小田原美香(おだわら みか、 (1982-09-25) 1982年9月25日(37歳) - )
神奈川県出身。B80・W61・H89、血液型はAB型。愛称はみかちゅう。主にボケ役。
16歳の時に原宿竹下通りでスカウトされ、芸能界デビュー。かつてはレースクイーンイベントコンパニオンの活動をしていた経歴がある。
2006年5月3日甲賀の里忍術村滋賀県甲賀市甲賀町)で行われた「ミスくの一オーディション」にて「ミスくの一」に選ばれる[7]
2012年9月に初出産、母親になる。2015年の時点で2児の母親[8]

出演編集

雑誌編集

  • 月刊ENTAME(徳間書店)2008年3月号(この中でビキニ姿になっている。)
  • みこすり半劇場ぶんか社)2008年7月24日号(表紙と「あらびきセクシー芸人図鑑」、4コマ漫画の「あらびきセクシー芸人劇場」)

出版編集

写真集

  • eBook〜クレイジードールズ (コアメディア)

DVD

  • エロカワダンスVol.4(ベガファクトリー、2007年1月7日発売)

脚注編集

  1. ^ 芸人名鑑「クレイジードールズ」
  2. ^ TEPPEN.24 2008年1月5日(土) なかの芸能小劇場
  3. ^ おはようサンスポ「男心知っている元ヤマンバ」”. サンケイスポーツ (2006年2月16日). 2016年11月29日閲覧。
  4. ^ 『イナズマ百人町(仮)』パシンペロン 2008年9月2日 14:38 更新分より
  5. ^ 倖田來未Dream music park。”. クレイジードールズまいきーのクレイジーに生きる!! (2010年7月5日). 2016年11月29日閲覧。
  6. ^ 倖田來未MUSICPARK2010☆”. ★クレイジードールズみかちゅう☆よろしクレイジー★ (2010年7月5日). 2016年11月29日閲覧。
  7. ^ 京都新聞 2006年5月3日記事「ミスくの一決まる」
  8. ^ 2015٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ちわーーっす!”. ★クレイジードールズみかちゅう☆よろしクレイジー★ (2015年3月18日). 2015年4月7日閲覧。

外部リンク編集