小浜 清志(こはま きよし、1950年12月9日 - )は、日本小説家である。

来歴編集

1950年、沖縄県由布島竹富町)に生まれる。1969年、沖縄県立八重山高等学校卒業と同時に上京し、劇団四季に入団、その後1975年の沖縄国際海洋博覧会などでは舞台裏方をつとめた。

その後も様々な職を遍歴するうち、1987年中上健次と知り合い、師事。マネージャーをつとめながら文学修業に励んだ。[要出典]

1988年「風の河」で第66回文學界新人賞を受賞。

1992年「消える島」で第108回芥川龍之介賞候補作となる。

1994年「五生橋」で第111回芥川賞の候補になる。

その後も、沖縄を題材にした作品を発表している。

著作編集

風の河 現代文学にみる沖縄の自画像 岡本恵徳著 出版社: 高文研 (1996/06) に収録