メインメニューを開く

小港駅 (こみなとえき)は台湾高雄市小港区にある高雄捷運紅線である。高雄捷運駅構内の日本語放送では、当駅を訓読みの「こみなと」と案内する[1]

小港駅
出口1
出口1
小港
シャオガン
Siaogang
◄R04 高雄国際機場 (1.4km)
所在地 台湾高雄市小港区沿海一路280号B1、B2
駅番号 R3
所属事業者 高雄捷運股份有限公司
(高雄捷運)
所属路線 紅線
駅構造 地下駅
ホーム 島式 1面2線
乗車人員
-統計年度-
7,020人/日(降車客含まず)
-2016年-
乗降人員
-統計年度-
14,031人/日
-2016年-
開業年月日 2008年3月9日
テンプレートを表示
小港駅
各種表記
繁体字 小港站
簡体字 小港站
拼音 Xiăogāng Zhàn
注音符号 ㄒㄧㄠˇ ㄍㄤ ㄓㄢˋ
発音: シャオガン ヂャン
台湾語白話字 Sió-káng Chām
日本語漢音読み しょうこうえき
日本語慣用読み こみなとえき
英文 Siaogang Station
テンプレートを表示

駅構造編集

のりば
1 高雄捷運紅線 南岡山
2 高雄捷運紅線 南岡山行

駅階層編集

地面 出入口 出入口
地下1階 コンコース階 コンコース、案内所、自動券売機自動改札口
トイレ(駅西南側で改札口の外、出口4近く)
地下2階 1番ホーム 紅線 南岡山方面高雄国際機場駅
島式ホーム、左側のドアが開く
2番ホーム 紅線 南岡山方面(高雄国際機場駅)

出入口編集

出口1、4位葉駅の西側、出口2、3は駅の東側、出口4にはバリアフリーエレベーターがある。

  • 出口1:立群路(西)、二苓国小(南)
  • 出口2:立群路(東)、紹興街、小港高中
  • 出口3:漢民路(東)、学府路、中山国中 タクシー乗り場
  • 出口4:漢民路(西)、二苓国小(北) 有料二輪駐車場、捷運接続バスのりば、タクシー乗り場、郊外バス(公路客運)のりば  

駅周辺編集

  • 臨海工業区
  • 中国鋼鉄(チャイナスチール)
  • 高雄市立小港高中
  • 高雄市立二苓国民小学
  • 公路客運小港転運站

利用状況編集

年間利用人員 1日平均
出典 乗車 出典 降車 乗降計 乗車 乗降
2008 [2] 1,415,401 [2] 1,383,600 2,799,001 4,750 9,393
2009 1,737,965 1,724,561 3,462,526 4,762 9,486
2010 1,921,054 1,921,643 3,842,697 5,263 10,528
2011 2,069,422 2,076,812 4,146,234 5,670 11,360
2012 2,385,090 2,387,417 4,772,507 6,517 13,040
2013 2,568,773 2,554,549 5,123,322 7,038 14,036
2014 2,646,041 2,628,993 5,275,034 7,249 14,452
2015 2,549,200 2,543,004 5,092,204 6,984 13,951
2016 2,569,296 2,566,209 5,135,505 7,020 14,031
2017 2,573,802 2,573,470 5,147,272 7,052 14,102
2018 2,596,873 2,588,905 5,185,778 7,115 14,208

バス編集

停留所は『小港転運站』

系統 管轄 事業者 区間 備考
30 高雄市公車 港都客運中国語版 小港站(小港バスターミナル)中国語版 - 大坪頂 休日運休。
二段運賃。
62 東南客運中国語版 小港站 - 長庚医院 平日は一部明義国中まで延長。
69 港都客運 小港站 - 高雄火車站 一部明鳳まで延長。
二段運賃。
紅1 東南客運 小港轉運站 - 国立高雄餐旅大学 一部中鋼、台船まで延長。
紅2 港都客運 小港站 - 鳳鼻頭漁港 二段運賃。
紅3 港都客運 小港站 - 林園区公所 二段運賃。
紅5 港都客運 小港轉運站 - 中林子郵局 休日運休。
紅8 港都客運 小港站 - 大寮区公所 午前午後各1便は大寮昭明まで延長運行。
二段運賃。
紅毛港航線公車A 港都客運 小港転運站 - 紅毛港文化園区 「一日券」のみ有効(現金やIC乗車券は利用不可)
紅毛港航線公車B 港都客運 小港転運站 - 小港碼頭 「一日券」のみ有効(現金やIC乗車券は利用不可)
9117 公路客運 高雄客運国光客運
屏東客運中国語版
中南客運中国語版
高鐵左営駅 - 墾丁

歴史編集

隣の駅編集

高雄捷運
紅線
高雄国際機場駅 - 小港駅

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ sinoharaizumi (2014-10-10), 高雄捷運高雄車站站內日語廣播, https://www.youtube.com/watch?v=aUJR8wNgqE0 2018年4月29日閲覧。 
  2. ^ a b (繁体字中国語)高雄市交通局 (2019年3月14日). “高雄都會區大眾捷運系統各站旅運量”. 高雄市政府 重要市政統計資料庫查詢. 2019年5月1日閲覧。
  3. ^ 高雄捷運(地下鉄)紅線が開業 2008年3月11日 台北駐日経済文化代表処

外部リンク編集