メインメニューを開く
廃車後も保管されているキハ5800

小湊鉄道キハ5800形気動車(こみなとてつどうキハ5800がたきどうしゃ)は、小湊鐵道1960年昭和35年)に導入した気動車である。

概要編集

日本国有鉄道(国鉄)の買収国電であったクハ5800・5801を1960年に譲り受け、日本車輌製造東京支店で気動車に改造した車両である。

元は鉄道院1914年(大正3年)に製造したデハニ64656459で、荷物車モニ3009・3010に改造されたのち1936年(昭和11年)に三信鉄道に譲渡され、鋼体化されてデ301形301・302となった。三信鉄道が国有化され飯田線となった後も同線で使用され、電装解除・片運転台化を経て1953年(昭和28年)の車両形式称号規程改正によりクハ5800・5801となった。

1960年に国鉄から譲り受けた際にDMH17Cディーゼルエンジン(180ps/1500rpm)を取り付けて気動車とし、小湊鉄道では初めて液体変速機が採用された。車体にも改造が施され、再び両運転台となり、前面には貫通扉が設けられて前面窓はHゴム支持となり、側面出入口は扉が鋼製のものに取り替えられステップが付けられた。台車はもともと装備されていた釣合梁式の鉄道院制式型・電車用明治45年式台車にコロ軸受化・動軸への砂箱増設などの改造を施し、1軸駆動の気動車用台車として使用した。貨物列車機関車の代用としても使用するため、貨車を牽引できるよう連結器はシャロン式自動連結器に交換した。導入に際し、ヘッドライトもキハ200形同様の2灯式に改められている。車内はロングシートであった。

車両番号は国鉄時代の「クハ」を「キハ」に変更したのみである。

1960年3月18日付で譲渡設計変更認可を受け、同年4月から運用開始した[1]。その後、1977年(昭和52年)までに増備が進められたキハ200形に置き換えられ、キハ5801は1978年(昭和53年)1月に廃車となった[1]。キハ5800は他の気動車がキハ200形にすべて置き換えられた後も予備車として長い間在籍したが、1997年(平成9年)3月に除籍され[1]五井機関区の検修庫内に保管されている。この車両は検修庫外から見える場所に保管されており、許可を得た上で検修庫外からの見学が可能である。ただし小湊鉄道の公式ホームページ「保存車両」では「この車両は一般公開しておりません」としており[2]、検修庫内への立ち入りは認めていないため、他車の留置状況によってはよく見えない場合がある。このように通常は公開されていないが、2017年(平成29年)8月27日に小湊鐡道の創立100周年事業の一環として一般公開のイベントが行われた[3][4]

2019年(平成31年)3月29日、市原市は「小湊鉄道キハ5800形式気動車 附気動車台帳及び修繕表」として指定文化財(歴史資料)に指定した[5][6]

主要諸元編集

  • 最大寸法(長さ×幅×高さ) : 16800mm×2740mm×3793mm
  • 自重 : 25t
  • 定員 : 120人 (52人)
  • 機関形式:DMH-17C×1
  • 出力:180馬力/1,500 rpm
  • 台車:鉄道院明治45年式台車(電車用)
  • 制動装置:自動空気ブレーキ、手用

脚注編集

  1. ^ a b c 小湊鐵道の車両概要一覧表 - 小湊鐵道公式 2016年10月9日閲覧
  2. ^ 小湊鐵道公式ホームページ. “小湊鐵道五井機関区に保存されている車両”. 2015年3月17日閲覧。
  3. ^ 小湊鐵道五井機関区でキハ5800形を一般公開 - 『鉄道ファン交友社 railf.jp鉄道イベント 2017年8月7日、2017年9月3日閲覧
  4. ^ 小湊鐡道キハ5800が屋外展示される - 『鉄道ファン交友社 railf.jp鉄道ニュース 2017年8月29日、2017年9月3日閲覧
  5. ^ 小湊鉄道キハ5800形式気動車等を市原市指定文化財に指定 2019年4月1日 市原市プレスリリース
  6. ^ 100歳超え気動車公開 6-9月に5日間 トロッコ特別運行”. 千葉新報 (2019年5月29日). 2019年6月18日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集