小澤克己(おざわ かつみ 1949年8月1日 - 2010年4月19日)は、埼玉県出身の俳人。川越市生。少年期にはじめは俳句、のちに詩の創作を試みる。また大学時代に哲学ヌーボー・ロマンの影響を受けた。1977年、「」に入会し能村登四郎林翔に師事。1980年「沖」同人。1992年「遠嶺(とおね)」を創刊・主宰。「嬰生まるはるか銀河の端蹴つて」など、宇宙との一体感を特徴とする。人と自然を一体として見る「情景主義」を提唱。句集に『青鷹』『オリオン』『小澤克己句集』ほか、評論に『新・艶の美学』『俳句の行方』ほか。2010年4月19日、胃癌により死去。60歳。

参考文献編集

  • 『現代俳句大事典』 三省堂、2005年
  • 『小澤克己句集』 ふらんす堂、2002年