メインメニューを開く

小澤 寅吉(こざわ とらきち、天保元年(1830年) - 明治24年(1891年))は、武士(水戸藩士)、剣術家北辰一刀流新田宮流)、政治家政方

 
小澤寅吉
時代 江戸時代末期 - 明治時代
生誕 天保元年(1830年
死没 明治24年(1891年
墓所 常磐共有墓地茨城県水戸市
主君 徳川慶篤
水戸藩
長男 小澤一郎弘武
二男 小澤二郎篤信

江戸時代末期に水戸藩校・弘道館の剣術方教授を務め、廃藩後、自邸に東武館道場を開き剣術を指導した。

生涯編集

水戸藩士・小澤多久衛門篤行の子として水戸田見小路(現北見町)に出生。水戸藩に仕えた千葉周作の下で剣術の修行を積んだという。その後水戸藩校・弘道館の剣術方教授を務め、藤田東湖水戸学学者と親交を持った。

廃藩後、日本伝統の士風の衰頽を憂い、明治7年(1874年)1月1日、自邸に道場「東武館」を開く。北辰一刀流剣術新田宮流抜刀術を指南し、門下から内藤高治門奈正らを輩出した。

政治家としては茨城県会議員を2期務めた。

平成17年(2005年)、全日本剣道連盟剣道殿堂に顕彰された。

参考文献編集