メインメニューを開く

小澤 實(おざわ みのる、1956年8月29日 - )は、日本の俳人、俳文学者。大学時代より「」に所属し藤田湘子に師事。2000年に俳誌「澤」を創刊・主宰。本名・実。

目次

経歴編集

長野県長野市生まれ。1972年、長野県松本深志高等学校に入学。同級にのちに小説家・長野県知事となる田中康夫がいた。高校時代は文学部の機関誌に小説を寄せ、ガリ版刷りの小詩集を刊行するなどした。1976年、信州大学人文学部在学中に信大連句会に参加、東明雅の指導を受ける。翌年、連句会の連衆であった宮坂静生のてほどきで俳句をはじめ、同年「」に入会、藤田湘子に師事。また大学で信大俳句会を結成する。

1979年、大学を卒業し、成城大学大学院文学研究科修士課程に進学、尾形仂に師事し、北条霞亭など江戸時代の漢詩人の書簡を解読。1980年「」新人賞受賞、1982年「」俳句賞受賞。1984年、同文学研究科博士課程単位取得満期退学。1985年、「」編集長に就任。

1998年、第二句集『立像』により第21回俳人協会新人賞受賞。1999年、「」を退会し、2000年、「澤」を創刊・主宰。門下に川上弘美葛西省子林雅樹押野裕野崎海芋榮猿丸相子智恵椎野順子堀田季何などがいる。2006年、第三句集『瞬間』により第57回読売文学賞詩歌俳句賞受賞。2008年『俳句のはじまる場所』により第22回俳人協会評論賞受賞。

跡見学園女子大学早稲田大学などで非常勤講師を務める。俳人協会会員(現在、常務理事)、俳文学会会員、日本文藝家協会会員。NHK俳句選者。2011年より角川俳句賞選考委員。

作風編集

代表的な句に「本の山くづれて遠き海に鮫」「ゆたんぽのぶりきのなみのあはれかな」(『砧』収録)、「夏芝居監物某出てすぐ死」「大寺のいくつほろびし日向ぼこ」(『立像』収録)、「林中にわが泉あり初茜」「神護景雲元年写経生昼寝」(『瞬間』収録)などがある。有季定型を重んじつつ幅広い対象を俳諧味豊かに詠んでおり、新人であった20代の頃から技巧派と称される。

句会での題詠を得意としており、「神護景雲」の句も句会で「神」の席題を与えられ即興で作ったものだという。また特に第三句集以降、「たれ刷いてうなぎの艶やさらに刷く」(『瞬間』)のような形の、中七で切れを作り下五でダメ押しのようにさらに対象の描写を続ける手法を好んで用いており、「澤」門人にもしばしば見られるこのような句風は「澤調」とも呼ばれている。

本人は「俳句は謙虚な詩である」として挨拶性を重視、俳句は作者の個性の発揮よりも詠む対象や読者、言葉を生かすことを考えるべきものとしている(「俳句は謙虚な詩である」『澤』創刊号掲載、『セレクション俳人 小澤實集』再録)。

著書編集

  • 句集『砧』 牧羊社、1986年
  • 『秀句三五〇選 友』(編著) 蝸牛社、1994年
  • 句集『立像』 角川書店、1997年
  • 『万太郎の一句』 ふらんす堂、2005年
  • 句集『瞬間』 角川書店、2005年
  • 『小澤實集』 邑書林〈セレクション俳人〉、2005年
  • 『俳句入門-大人の愉しみ』 淡交社〈淡交ムック〉、2006年
  • 『俳句のはじまる場所-実力俳人への道』 角川書店〈角川選書〉、2007年
  • 『名句の所以』 毎日新聞出版、2018年

参考文献編集

  • 小澤實 『小澤實集 セレクション俳人5―澤俳句叢書第三篇』 邑書林、2005年
  • 小川軽舟 『現代俳句の海図 昭和三十年世代の俳人たちの行方』 角川学芸出版、2008年
  • 大屋達治 「小澤實」 『現代俳句大事典』 三省堂、2005年

外部リンク編集