メインメニューを開く

小玉 武(こだま たけし、1938年 - )は、日本の編集者、文筆家。

東京生まれ。神戸、横浜で育つ。1962年早稲田大学卒業、サントリーに入社する。宣伝部に配属され、広告制作、『洋酒天国』の編集に携った後、広報部長、文化事業部長など。1979年には『サントリークォータリー』を創刊し、編集長を務めた。また、取締役出版局長としてTBSブリタニカに出向する。2000年早大参与に就任。教育学部などで講座を担当する。戸板女子短期大学講師も2009年まで務めた。石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞事務局長、日本アルバン・ベルク協会常任理事、森澄雄主宰俳句結社『杉』同人。2007年に刊行した『「洋酒天国」とその時代』で第24回織田作之助賞を受賞する[1]

著書編集

脚注編集