貴妃王氏(きひ おうし、1092年 - 1127年7月21日)は、北宋徽宗の貴妃。徽宗には他にも王姓の貴妃がおり、その区別のためもあって小王貴妃と呼ばれる。

生涯編集

大観元年(1107年)閏10月、平昌郡君の位を授けられた。後、才人、美人、嬪となり、妃に進み、徽宗の譲位で欽宗が即位すると徳妃、貴妃にいたった。靖康の変後、に連行され、金の天会5年6月4日(1127年7月21日)に死去した。

子女編集

伝記資料編集

  • 『靖康稗史箋證』
  • 『宋会要輯稿』