小田原漆器

小田原漆器(おだわらしっき)は、神奈川県小田原市に伝わる伝統工芸品である。

目次

概要編集

室町中期が始まりとされる。

江戸時代の中期になると、木地の木目を生かした摺漆塗や木地呂塗の 技法を用いた製品が多く作られるようになり、強調されたの木目と堅牢さを備えた漆器が製造されるようになった。[1]

1984年、経済産業大臣指定伝統的工芸品に選ばれている。[2]

特徴編集

  • 摺漆塗 木材の持つ木目の美しさを十分に出し、強度と美観を持たせる技法
  • 木地呂塗 木地に錆付けをして塗ることにより、年月を経て現れる美しい木目の表現を強調する技法

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 産業技術総合研究所 工芸技術センター 工芸ニュース vol.33 2003年
  2. ^ JTCOホームページ参照[1]

関連項目編集

外部リンク編集